人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ステータスバーの変更で変わったiPhoneのバッテリー残量表示の設定を変更する方法

2019.02.11

iPhoneをガンガン使い込むと、気になるのが「パケ代」と「バッテリー」だ。とくにバッテリーは、なくなると完全に何もできなくなってしまう。

そうなると、重要になってくるのがバッテリーの残量確認だが、アイコンだとどうしても正確に判別しづらい。そこで、パーセント表示も含めた「バッテリー表示」全般について、この記事でおさらいしておこう。

【参考】
iPhoneのバッテリー表示を解説!iPhone XSでバッテリー残量をパーセント表示する方法は?

ステータスバーの変更で変わったiPhoneのバッテリー表示

iPhoneのバッテリー表示はステータスバーで確認できるが、iPhone X以降とiPhone 8以前で大きく異なる。これは、ステータスバーの表示方法が変わったためだ。

ステータスバーでのバッテリー表示【iPhone Xの場合】

iPhone X以降(X/XS/XS Max/XR)は、「ノッチ」つきの全画面ディスプレイを搭載していて、この「ノッチ」をステータスバーと一体化させている。そのため表示領域が狭く、ステータスバー上でのパーセント表示が省略されてしまっているのだ。

ステータスバーでのバッテリー表示【iPhone XSの場合】

iPhone XSとiPhone XS Maxも上記と同様で、「ノッチ」つきの全画面ディスプレイを搭載しているため、ステータスバー上でのパーセント表示が省略されている。

ステータスバーでのバッテリー表示【iPhone XRの場合】

同じくオールスクリーンデザインを採用したiPhone XRも、ステータスバー上でのパーセント表示が省略されてしまっている。

ステータスバーでのバッテリー表示【iPhone 8以前】

iPhone X以降と違うのは、アイコン表示とパーセント表示を併用できる点だ。初期状態ではオフになっているが、設定することで併用可能になる。

パーセント表示でチェックしたい!iPhoneのバッテリー表示方法

それでは、パーセント表示でiPhoneのバッテリーを表示させる方法を紹介しよう。

【iPhone X以降の場合】

iPhone X以降のバッテリー表示は、コントロールセンターの上部(コントロールバー)でつねにパーセント表示されている。コントロールセンターは、画面右上から下にスワイプすると表示される(画像左)。表示されたコントロールバーに、パーセント表示でバッテリーが表示される(画像右)。

【iPhone 8以前の場合】

iPhone 8以前のバッテリー表示は、ステータスバー上でパーセント表示できるので、最初に設定しておく。「設定」アプリを開き、「バッテリー」をタップする(画像左)。「バッテリー残量(%)」をタップすると、ステータスバーのバッテリーがパーセント表示となる(画像右)。

ウィジェットを利用する方法

上記以外にも、ウィジェットを利用する方法もある。この方法はiPhoneのモデルによらず共通のやり方で、あらかじめウィジェットを登録しておくことでパーセント表示が可能になる。

ウィジェットは、ホーム画面の1ページ目を右にスワイプ(画像左)すると現れる(画像右)。この「バッテリー」のウィジェットを登録するには、「編集」をタップする。

画面下のほうから「バッテリー」を見つけ出し、左横の「+」をタップする(画像左)。登録されると画面上部に「バッテリー」が移るので、右上の「完了」をタップして登録完了だ(画面右)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。