人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.11

実はメリットだらけ!?意外と知らないデビットカードの使い方、種類、作り方

クレジットカードや電子マネーが広く普及しつつある中でも、日本では特に“現金主義”を貫いている人がまだまだ多い。デビットカードはそんな現金主義の人におすすめのカードなのが、意外とメリットや使い方を知らないという人もいるのではないだろうか? 今回は現金主義の人にこそ知ってほしいデビットカードを使うメリットを分かりやすく説明する。

デビットカードのメリット

デビットカードの最大のメリットは“現金主義の人でも使えるカード”であるということだ。というのも、デビッドカードは使った瞬間に利用額が銀行口座から即引き落としされる仕組みになっており、自分の銀行口座に入っているお金がデビットカードの利用限度額となるからだ(1日あたりの利用限度額を自分で設定することも可能)。

この点が引き落としが1か月から数か月先になるクレジットカードとは大きく異なり、現金主義の人でも手が出しやすいカードになっている。

デビットカードのメリットはない?

一方で「デビットカードのメリットはあまりないのでは?」という意見も存在する。その理由としてはクレジットカードに比べると利用できる店舗の数が少ないといったものが挙げられる。しかし、近年は利用可能な店舗数も着実に増えてきているので、それほど心配する必要はないだろう。

銀行側のメリット

デビットカードを発行している銀行側にも当然メリットは存在する。デビットカードの発行→顧客の増加。囲い込みという流れだけではなく、加盟店からの手数料も銀行に入ってくることになるので、銀行な新たなビジネスモデルにもなっている。

デビットカードとクレジットカードの使い分け

クレジットカードはある程度利用枠が大きいうえに後払いなので、使いすぎてしまうリスクがある。一方でデビットカードは口座残高以上の利用はできないので、その心配がない。つまり、使い分けのポイントとしては日常的な買い物はデビットカードで、大きな買い物はクレジットカードで支払うといったようにすれば、計画的に買い物できるはずだ。

デビットカードは審査不要なのでおすすめ

基本的にデビットカードを発行できるのは金融機関に限られている。これは先ほども説明したようにデビッドカードは使った瞬間に利用額が銀行口座から即引き落としされる仕組みになっているからである。そのため、「後払い」のクレジットカードとは異なり、支払い能力があるかどうかを確認する与信審査が必要なく、簡単に発行することができるのでおすすめだ。

デビットカードを使える店の数も増加

繰り返しになるが、以前はクレジットカードと比べるとデビットカードは利用できる店舗の数が限られていた。しかし、近年はその数も着実に増えてきている。

海外留学時に役立つ

前述のようにデビットカードは与信審査が不要であるため、15歳以上から作れるカードも存在する。そのため、学生が海外留学や旅行に赴く際には役立つカードもある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。