人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.08

名探偵コナンのトリックにも登場したスーパーフード「バタフライピー」が注目される理由

バタフライピー

 青いお茶が今SNSで話題だ。東京・明治神宮前の『BOTANIST cafe』では、ブルーのインクのような「バタフライピー ティー」を提供。レモンを加えると青から紫へと色を変えるムービージェニックなお茶として若い女性に人気を博している。この色の変化が『名探偵コナン』の謎解きのヒントに採用されたのも話題となった。

 バタフライピーは東南アジア原産のマメ科の植物。青色の花を食用にし、タイでは日本の麦茶のようにポピュラーな存在で、食用のほか衣類の染料にも利用されている。ほぼ無味無臭のため、レモングラスなどほかのハーブとブレンドしたお茶が主流。日本でも販売され、自宅で楽しむ人も増えた。

 さらに東京・本郷のソフトクリーム専門店『Honey Trip』では、色だけでなく美容効果にも着目した水色の「バタフライピーソフト」が登場し、注目を集めている。山本淑子ハーブ・アロマアカデミー主宰の山本さんが魅力を語る。

「主成分は花の色素であるポリフェノールの一種、アントシアニン。ブリーベリーの約4倍も含まれ、眼精疲労を改善するといわれるほか、高い抗酸化力、抗菌、アンチエイジングなど様々な効果が期待されています」

 抗菌や血行促進に優れるとされ、東南アジアではバタフライピー由来の成分を配合した青色の石鹸やシャンプーなどもある。今後は日本でも食用以外の展開も期待できそうだ。

バタフライピーガーデンティー『レモングラスバタフライピー』2g×10個、350円。2018年春の発売直後よりSNS映えで話題に。

バタフライピー英名『バタフライピー』。タイ名が『アンチャン』、日本名は『チョウマメ』。

バタフライピーレモンの酸性に反応して変色するハーブティーとして『名探偵コナン』にもバタフライピーが登場している。

取材・文/はまだふくこ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。