小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アイスハーケンをイメージした「最強ペグ」が三条で生まれた理由

2019.02.06

世界が待ち望む復刻スノーソー

もうひとつのニュースは、三条が生んだ名作スノーソーが復刻されるということだ。

スノーソーとは、凍った雪を切るための道具。雪洞を掘ったり、切り出した雪のブロックでイグルーやテントの防風壁を作ったりするときに使用する。雪山に挑む登山者にとっての必需品で、現在はやはり海外製が主流。ご存じの通り、海外のノコギリは押して切る仕様。長さも短めで作業しづらい。

モチヅキではかつて国産らしく「ひいて切る」スノーソーを作っていたが、対応する職人がいなくなったため廃盤とした経緯がある。ところが、この「引いて切る」スノーソーはとても扱いやすいため、アラスカで日本製スノーソーを外国人登山家が大切に使っていたとも(写真下側のシースに載せたスノーソー)。

それほどまでに使いやすい日本のスノーソーだから、日本の登山家が復刻を熱望。現代の技術を用いることで、2019年冬の発売の目処が付いたという。それが写真上の復刻版スノーソーだ。

長いほど作業しやすいが、パックに入るギリギリのサイズを計算。また、ただのデザインではなく、計測しやすいよう先端付近にメモリを刻んでいるのが特徴だ。実用的ではあるが、歯には遊び心のあるメッセージを刻印する予定というのも楽しみ。

スノーソーもハーケンやアイゼンも、決して多くの人が手に取るものではないが、必要とする人は0ではない。そして、スノーハーケンからペグが生まれたように、伝統のモノ作りから新しい製品が生まれる可能性は大いにある。今後のモチヅキのラインナップに期待したい。

取材・文/大森弘恵

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。