人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

湿布の臭いはオフィスのどこまで届くのか?

2019.01.30

肩こりとお友達になりがちなデスクワーカー。解消方法は自分で手もみをしてみたり、整体に通っていたりと様々だが、中にはシップを貼ったりする人もいることだろう。

しかし、そのシップがオフィスにおいて思わぬ影響を与えているという事実が、ニチバン株式会社がデスクワーカー100名を対象に行った調査で明らかになった。

デスクワーカーの97%が「肩こり」に悩み! 「仕事効率の低下」も7割超え

はじめに、デスクワーク中の肩こりに悩んだ経験があるか尋ねる調査が行われると、97%の人が「ある」と回答<グラフ1>。デスクワーカーに肩こりの悩みは付き物だと言えそうだ。

グラフ1

また、デスクワーク中の肩こりの影響について質問が行われると、「ストレスを感じる」と答えた人が81%でトップに。2位以降は「集中力の低下を感じる」(80%)、「仕事効率の低下を感じる」(77%)などが続いています<グラフ2>。

グラフ2

また、具体的な声としては 「気持ちが肩にいってしまって集中できない」(51歳・男性)、「机に向かっていられず、何度も腕を回したり肩を押したりして仕事が全く進まないことが多々ある」(32歳・女性)などの回答もあがっており、気分だけでなく、実際の業務にも大きな影響があるようだ。

仕事中の肩こりは「動作の重いパソコンでの作業」と同程度のストレス!?

それでは、デスクワーカーたちの肩こりストレスはどれほどのものなのだろうか。他のもので例えると何と同程度だと思うか質問が行われたところ、「動作の重いパソコンでの作業」(49%)、「風邪を引いた状態での仕事」(42%)がツートップに<グラフ3>。思うように仕事が進まない状況が、肩こりのストレスと同程度だと感じている人が多いようだ。

グラフ3

そこで、現在オフィスで行っている肩こり対策の満足度について調査が行われると、「満足していない」と答えた人が81%。実に8割以上の人が、満足のいく対策がとれていないという結果に。さらに、デスクワーク中の肩こり対策に1日当たりいくらまで払えるかを尋ねる調査が行われたところ、約4人に1人(27%)が「400円以上」と回答<グラフ4>。中には「3,000円以上」(2%)と答えた人もおり、お金を払ってでも仕事中の肩こりを和らげたいと考えている人は少なくないようだ。

グラフ4

シップ臭は「2.4席」隣まで届く!? オフィスでの対策アイテムは「無臭タイプ」が人気

そんなデスクワーカーたちの肩こり対策を尋ねる調査が行われると、シップなどの「貼り薬」と答えた人が49%でトップに。

しかし一方で、貼り薬の使用中に気になるのが“シップ臭”だ。実際に、オフィスでの「シップ臭」について尋ねる調査が行われると、平均で「2.4席隣まで届くと思う」という結果になった<グラフ5>。

グラフ5

また、「シップ臭」のするビジネスパーソンの印象を尋ねる調査が行われると、「疲れていそうだと思う」(84%)、「年寄りくさいと思う」(72%)、「異性からモテなさそうだと思う」(71%)、「仕事ができなさそうだと思う」(30%)など、肩こりとは関係のない部分で悪い印象を与えてしまう可能性があることが判明。

そこで、オフィスでの使用に向いていると思うアイテムを尋ねる調査が行われると、「無臭タイプの貼り薬」が58%でトップに<グラフ6>。2位の「磁気シール」(39%)に19ポイントと大きな差をつけて、デスクワーカーからの支持を得た。一方で、「匂いがするタイプの貼り薬」を選んだ人はわずか2%。肩こりがつらいとはいえ、仕事中は無臭タイプのものが好まれていることが分かった。

グラフ6

デスクワーカーの使用満足度92%! 8割以上が「仕事効率アップ」を実感!?

デスクワーカーが悩む、オフィスでの肩こり対策。そこでデスクワーカーの女性103人に、2018年11月にニチバンが発売した、新商品「ロイヒ膏TMフェルビ コンパクト」を実際にオフィス内で試す調査が行われた。

「ロイヒ膏TMフェルビ コンパクト」は、オフィスでも気軽に使える無臭タイプの温感鎮痛消炎テープ剤。痛みのもとに直接効く有効成分「フェルビナク」を5%配合している。片手でも貼りやすい手のひらサイズで、首や肩にひとりで簡単に貼ることが可能だ。ベージュ色で目立たず、無臭タイプなので、客先やオフィスでも気にせず使うことができる。

この商品を試した感想を尋ねる調査が行われると、オフィスでの使用の満足度は92%という結果に<グラフ7>。

グラフ7

「シップ臭を感じない」(96%)、「隣の席の人にも気づかれない」(95%)など、無臭タイプであることへの評価に加え、82%は「仕事の効率が上がったと感じた」と回答。「今後も継続して使用したい」と答えた人は90%にものぼった<グラフ8>。

グラフ8

<調査概要①>
・調査内容:「デスクワークと肩こり」に関する意識調査
・調査対象:デスクワークが中心の職種(一般事務、総務・人事、財務・経理、企画・マーケティング、
エンジニアやプログラマーなどのWEB・技術系)に従事する男女100 名
・調査期間:2018年12月20日(木)~12月21日(金)
・調査方法:インターネット調査

<調査概要②>
・調査内容:「ロイヒ膏TM フェルビ コンパクト」の試用に関するモニター調査
・調査期間:2019年1月7日(月)~1月15 日(火)
・調査対象:デスクワークが中心の女性103 名
・調査方法:ホームユーステスト
※調査結果は小数点以下を四捨五入している。

出典元:ニチバン株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。