小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

頑固な油汚れもピカピカに!ガスコンロをキレイに掃除する方法

2019.01.19

ガスコンロ掃除はプロにお任せ! キッチンクリーニング業者の選び方

忙しすぎてガスコンロを掃除する時間がとれない方は、プロの力を借りることも検討してみよう。業者に依頼するキッチンクリーニングは、自分で掃除するよりも費用が大幅にかかってしまうのがデメリットだ。しかし、ガスコンロだけでなくレンジフードや換気扇など、プロの技でキッチンまわりをまとめて一気にキレイにしてもらえることを考えると、意外とコスパは悪くないかもしれない。

シンクとガスコンロの掃除が中心の場合、キッチンクリーニングの費用の相場は約1万5000円~1万8000円ほどだ。所要時間は約3時間が目安となる。キッチンクリーニングの業者は多数あるが、ガスコンロの掃除をメインに依頼する場合は、面倒な魚焼きグリルの掃除が無料の「おそうじ本舗」がおすすめだ。

コレ1つで汚れを落とせる! ガスコンロのお手入れを超ラクにする便利なお掃除グッズとは

ガスコンロの油汚れをぬぐった汚れた布巾は、ベトベトがこびりついて洗うのが面倒……。かといって、そのまま拭き続けると、布巾の汚れが付着してしまいそう。そんな悩みを解決するお掃除グッズが、「キッチン用のお掃除シート」だ。

これさえあれば、洗剤とふき取りを同時にでき、使ったあとは捨てるだけでOK。油汚れをサッと拭きとる習慣を加速させてくれるだろう。各社からさまざまな製品が発売されているが、おすすめはLECの「セスキの激落ちくんウェットシート」だ。

アルカリ電解水とセスキ炭酸ソーダを配合したウェットシートで、界面活性剤は不使用。重曹水のように、拭き跡を気にしなくていい点もうれしい。このようなキッチン用の使い捨てシートを上手く生活に取り入れれば、ガスコンロに汚れをこびりつかせることはなくなるだろう。

ガスコンロにこびりついた汚れは、ゴシゴシと力技で落とさずとも、工夫次第で簡単にキレイにできる。ポイントは“汚れは浮かせてから落とす”こと。重曹や市販の洗剤を活用して、簡単に落としていこう。

一度、キレイにしたあとは、汚れをこびりつかせない“予防掃除”も大切。便利な掃除グッズを利用して、汚れが「固まる前に拭く」習慣を身に着けよう。

取材・文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。