人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.12

激増の予感!ついに登場したパンチホール・スマホのメリットと可能性

Image Credit: サムスン

2018年末、スマートフォンデザインに大きな革新が訪れた。ディスプレイへの「パンチホール」の搭載だ。

フロントカメラの新たな搭載場所として導入されたパンチホールには、さまざまなメリットがある。

2019年に爆発的に増えるであろうパンチホール・スマートフォンの進化とメリットをご紹介しよう。

サムスンがリードした新デザイン

Image Credit: サムスン

スマートフォンへのパンチホールの導入をリードしたのは、韓国サムスンだ。同社は2018年11月に開催されたイベントにて、スマートフォンの新デザイン「Infinityシリーズ」を発表。詳細は語られなかったものの、その中には画面に穴が空いた不思議なデザイン「Infinity-O」が存在した。

そして翌月、サムスンはとうとう新型スマートフォン「Galaxy A8s」を発表。デイスプレイに穴を開け、2400万画素のフロントカメラを内蔵するというアイディアで、世間を驚かせた。正式発表されたパンチホール・スマートフォンとしては、Galaxy A8sが世界初となる。

またこのGalaxy A8sがハイエンドモデルではなく、それほど高額ではないミッドレンジ市場向けの端末として登場したことも注目だ。近年サムスンは技術革新で中国メーカーに遅れを取っていたが、新技術発表のためにハイエンド端末を待つことはできないと判断したのだろう。

ディスプレイ面積の大型化に貢献

Image Credit: ファーウェイ

それでは、パンチホール・スマートフォンのメリットとはなんなのだろうか。それは、できるだけディスプレイの面積を大きくできるという点にある。

従来のスマートフォンでは画面の上下にベゼルが存在し、カメラやセンサーを搭載していた。しかし、これではベゼル部分に画面を表示することができない。また2017年に登場した「iPhone X」では画面上部に切り欠きこと「ノッチ」を搭載し、画面サイズの拡大に成功。しかし、それでもディスプレイに邪魔者は残っていた。

一方パンチホール・スマートフォンでは、画面を本体の上下いっぱいにまで広げることができる。これにより、ディスプレイと本体の面積比を極めて高めることができた。もちろん、そのような新デザインは、消費者にも大いにアピールできる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。