人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

出世する人は実践している!人気占い師が神社の参拝方法を直伝

2019.01.01

 神社には、きちんとした格好で、神様に相談に行くという気持ちで参拝するといいのだ。

「ただ、神様がとても忙しくなる、初詣でやお祭りの時期は避けたほうがいいかもしれませんね。初詣よりも、神社が静かで清められている12月中などに行くと、ご自身も神様も落ち着いて会話ができると思いますよ」

 2019年におすすめの神社を教えていただいた。

「2019年は、西洋占星術では射手座の年となります。射手座のエレメントは“火・地・風・水”の“火”なので、火の特性が強い神社にお参りするといいですよ。例えば、東京都の愛宕神社、埼玉県の寶登山神社、山梨県の北口本宮冨士浅間神社、京都府の由岐神社、奈良県の往馬大社、兵庫県の赤穂大石神社などがおすすめです」

 お参りの頻度は、遠い神社は年に1回くらい。近くの神社には、月に1回くらいが目安だという。

「会社や自宅のそばの、相性がよさそうな神社に月に1回お参りするだけでも、かなりのパワーが得られます。というのも、鳥居をくぐると、あなた自身の体についた、目に見えない浮遊霊などが落ちてスッキリします。すると、雑念が少なくなり、仕事に集中できるようになるのです。是非、行ってみてください。きっと神様はあなたの相談にいい答えを出してくれるはずです」

 思い立ったが吉日。2019年は神様の開運パワーを身につけて、出世街道を驀進しよう!

なるべく多くの鳥居をくぐると、その分“穢れ”が落ちるという。

教えてくれたのは……

流光七奈さん
視える占い師。LINE占いをはじめ、スピリチュアルリーディングを用いたオリジナルの占術で注目される。「Oggi.jp」などの多数の連載、ニコ生で配信中のオカルト番組「恐味心震」にレギュラー出演するなど、活動を広げている。

最新刊『行ってみた! 金運・仕事運・恋愛運・厄除け 2019最新パワースポット(神社)』(主婦の友社)。2019年~2020年 開運できる全国約220の神社をセレクト。神社参りの常識、厄の落とし方などを解説。

取材・文/前川亜紀

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。