人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

平成元年に1億円超えだったリゾートマンションの、30年後の価格は?

2019.01.02

【プレーバック 平成元年】1億円超えリゾートマンションの30年後はハウマッチ?

 平成最後の年末・年始です。流行語大賞にはノミネートされませんでしたが、「平成最後の」はわりとメディアで使われた言葉じゃないでしょうか。というわけで、今から30年前の昭和63年、平成元年を「DIME」のバックナンバーで振り返ってみます。

 よく若い人が、「バブルうらやましい」とか言いますけど、不動産を高値づかみしちゃった人からすれば“ふざけんなよ”ですよね。古傷に塩を塗る行為かもしれませんが、30年前のリゾートマンションバブルを振り返ってみましょう。

<“リゾート億ション”が発売されたのは、箱根や伊豆、北軽井沢といったいわゆる“ブランド別荘地”。いずれも首都圏から週末に利用できる、交通の便利な場所に建設されるマンションの一部に、1億円を超す価格の部屋が設定されている。>(平成元年12月7日号より)

 しかも、億ションは完売状態だと記事には書かれています。まさに、バブルですなぁ。

 さて、それら“リゾート億ション”の今の値段はどうなっているのかを、調べてみました。※武士の情けで、物件名は伏せます。

 発売当初1億円超えだった、間取り2LDK+K、約120㎡の部屋は、現在980万円で売りに出されています。10分の1以下です! 海が見える眺めのよい物件で、かなり広いので、住むならおすすめできそうです。ただし、管理費が6万円以上とお高めですが。

 1億円超えの部屋が入っていたマンションでも、もう少し小さい部屋なら、かなり安くなっています。某物件は、1LDK(約45㎡)が180万円から売りに出されています。2LDK(約70㎡)なら390万円です。かなり魅力的にも思えてきませんか?

<庶民が唯一手に入れられる不動産ということで急成長したリゾートマンションも、億ションの登場で二分化され、手に入るのは遠い・高い・狭い物件になってしまうのかもしれない。>

 そう記事はまとめられているのですが、30年待てばコンパクトカーぐらいの値段、億ションも1000万円以下と、当時購入した人には悪いけど超お買い得商品に。インターネットの普及で、どこでも仕事がしやすくなったので、リゾートマンションに居を構えるのはアリかもしれません。

文/小口覺

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。