人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【意外と知らないバイクのこと】アウト・イン・アウトで走ると速い理由

2018.12.22

A:サーキット走行の基本テクニックです

「アウト・イン・アウト」とは「支出、収入、支出」のこと。つまりお金というのはとかく出て行く方が多く、入ってくるのは少ないという厳しい経済情勢を指す……わけではなく、バイクやクルマでコーナリングする際のライン取りの基本。アウト側からコーナーに進入し、コーナーの頂点付近でインに付き、アウト側からコーナーを抜けるという走行ラインです。

さて、いきなり堅苦しいことを言うようですが、「アウト・イン・アウト」とはご質問の通り「速く走るためのライン取り」の基本です。「速く走る」は公道走行にはそぐわない目的なので、くれぐれもご留意ください。公道でのライン取りはキープレフトが大原則。左側通行を維持できないようならオーバースピードだと考えた方がよいかと思います。

……そうは言っても、バイクはクルマに比べてかなりスリムなので、車線内でのラインの自由度が高いのも確か。「原則を重視した範囲内で」という但し書きのもと、公道でのライン取りについても後述します。

というわけで、まずはサーキットまたはクローズドコースに話を限定してノビノビとアウト・イン・アウトについて解説します。アウト・イン・アウトのメリットは、コーナーを直線的に走り抜けることができ、結果的にコーナリングスピードを高められる、というものです。コーナーの曲率のままに旋回するよりも直線的に走れるので、バイクの場合はバンク角が浅くて済み、いち早くスロットルを開けられるという利点もあります。

ですが、これは単独のコーナーに限った話です。その手前がストレートなのかコーナーなのか、また、その後がストレートなのかコーナーなのかによって、ライン取りは変わってきます。例えば、S字のように逆側に切り返すコーナーが連続する場合、最初のコーナーをアウト・インとライン取りをすると、次のコーナーの出口がキツくなる、つまりなかなかスロットルを開けられない場合があります。むしろ、多くのサーキットはコーナー出口で詰みがちな意地悪なコースレイアウトになっているので、注意が必要です。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。