人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

いよいよ実装される『ポケモンGO』の対戦機能を遊び尽くすコツ

2018.12.08

トレーナーバトルをするには?

トレーナーバトルを行うには、ふたつの方法がある。ひとつには二次元バーコードを使用し、近くにいるトレーナーとの対戦だ。画面下の「付近のようす」のポップアップを開くと、これまでにあった、「ポケモン」「レイドバトル」の他に「対戦」が新たに登場する。対戦を選ぶと、二次元バーコードが表示されるので、これを対戦相手に読み取ってもらう。対戦相手は、同じく「付近のようす」から対戦を選び、「二次元バーコード読取」をタップし、カメラを使って二次元バーコードを読み取る。読み取られた側は、ポップアップを閉じると対戦相手からの対戦希望が送られてくるので、ここで「受ける」を選ぶと対戦に進んで行く。

つまり、フレンド申請と似たような感じの流れで対戦がプレイできるようになっているわけだ。

もうひとつの方法は、仲良し度が親友以上のフレンドとの対戦。フレンドのステータス画面から「対戦」アイコンをタップすることで対戦に入れる。こちらの方法だと、近くに対戦相手が居なくても対戦をすることができる。ただ、残念ながらフレンド機能が使えない13歳以下のトレーナーは今回のトレーナーバトルも遊べない。

「付近のようす」の対戦を選ぶと、二次元バーコードが表示される。

対戦相手が二次元バーコードを読み取り、対戦を希望すると、対戦の申し込みが送られてくる。

チームリーダーとの対戦も楽しめる!

さらに、練習用として、3人のチームリーダーとの対戦も楽しめる。いわゆるCPU戦となるので、まずはこのチームリーダーとの対戦から始めるのがオススメだ。

ちなみにチームリーダーとの対戦を始め、トレーナー同士でも対戦に勝つと「シンオウのいし」や「ほしのすな」がゲットできるということなので、バトルに慣れている人もオススメだ。

チームミスティックのブランシェ、チームヴァーラーのキャンデラ、チームインスティンクトのスパークと対戦ができる。

トレーナーバトルは3つのリーグがあり、リーグごとにバトルに選べるポケモンの上限CPが変わってくる。スーパーリーグはCP1500以下のポケモンのみが選択でき、ハイパーリーグではCP2500まで。一番上のマスターリーグだとCPの上限が無制限となる。

最近『ポケモン GO』を再開した人でもスーパーリーグを選べば、熟練者相手に互角の対戦が楽しめると言うわけだ。

CP1500までのポケモンを選べるスーパーリーグ。

CP2500までのポケモンを選べるハイパーリーグ。

CPの上限がないマスターリーグ。

『ポケットモンスター』シリーズでは、まずはストーリーを楽しみ、ポケモンを集め、強力なポケモンに育成。そしてその育てたポケモンを使ってバトルするのが大きな流れだった。『ポケモンGO』では、トレーナーバトルは最終目的ではなく、ポケモンの収集やレイドバトル、各種イベントなど、数ある楽しみのひとつとして、存在する感じだ。トレーナーバトル終了後にはどちらのトレーナーにも報酬が贈られるので、勝敗はあまり気にする必要はなさそうだ。

@DIMEでもポケモン特集掲載中!

取材・文/岡安 学

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。