人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.28

auのSIMカードをGoogleスマホ「Pixel 3」でも使えるか試してみた!

 Googleが自ら開発し、販売もしている「Pixel 3/3 XL」。ドコモとソフトバンクからは販売されていますが、auは残念ながら扱ってはいません。

 そんなPixel 3/3XLをどうしてもau回線で使いたい人もいるでしょう。実際に使えるのでしょうか?

auのSIMカードも対応。ただし準備が必要

 Pixel 3/3 XLはauネットワークとのIOT(IOT: Inter-Operability Testing、相互接続性検証)を行っており、Googleが販売しているSIMフリーモデルにau VoLTE対応のSIMカードを挿すと、支障なく使うことができます。

写真はPixel 3 XLのSIMフリー版。auのネットワークでも使えます。ちなみにドコモとソフトバンクから販売されるPixelにはSIMロックがかかっていますので、auのSIMで使う場合はSIMロック解除が必要です。

SIMカードはnanoSIMカードです。

 ただ、今使っているauのSIMカードを抜いて、それをそのままPixelに挿しても、おそらく音声通話はできてもデータ通信はできないでしょう。

 auは、SIMフリーのAndroidスマホでデータ通信を行う場合、インターネット接続サービス(ISP)として「LTE NET for DATA」に加入し、スマホでアクセスポイント設定(APN設定)をする必要があります。

 auが販売しているAndroidスマホやiPhoneは、通常「LTE NET」でデータ通信を行っていて、APNも自動で設定されますが、SIMフリースマホを使う場合はLTE NET for DATAになり、自分でAPN設定をする必要があるのです。

LTE NET for DATAは、Wi-Fiルーターなどのデータ通信端末用のISPで、利用料は月額500円。LTE NETより200円高くなります。「My au」の「オプションサービスの変更」から手続きが可能。手続きが完了し、適用されるまで少し時間がかかるので待ちましょう。

 なお、LTE NET for DATAだけの契約になると、「@ezweb.ne.jp」のケータイメールは利用できなくなります。引き続き使いたい場合は、LTE NETとLTE NET for DATA両方を契約しておかなくてはなりません。ここはちょっと高くつきますが、料金プランは通常のスマホと同じ「ピタットプラン」や「フラットプラン」で使えます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ