人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.20

パン、ケーキ、のり巻きをきれいかつ簡単に切れるナイフ「せせらぎ」

自家製パン作りに熱中していた頃、スーパーや100均で安いパン切りナイフを何種類か買ったことがある。で、正直な話、パンくずがたくさん出る、断面がいびつ、底の部分が切れづらいなど、満足のゆくものはなかった。

では、ちょっと値の張るナイフが良いかというと、どうも使い勝手に難しさを感じるものが多かった。普通の包丁でパンを切っている人が多いのは、自分と同じ体験を経てきたせいなのかもしれない、と思ったり。

くずが出て、切りにくい100均の某パン切りナイフ

自分一人で食べる分には、別に包丁で切っても、手でちぎってもいいのだけれど、ホームパーティーなどの場で提供するなら、パン切りにもこだわりたい。

どんなパンでも「楽々切れる」!?

というわけで、今回紹介するのは、どんなパンでも「楽々切れる」と前評判の高いパン切りナイフ「せせらぎ」。

「楽々切れる」とうわさの「せせらぎ」

「せせらぎ」の外観の特徴は、刃の形状が緩やかなカーブになっていること。先端部分は、パンのふちが切りやすいストレート、先端近くは固いパンの表面に食い込める大波、そこから刃元に向かって、パンくずが出にくく断面がきれいに切れる小波になっている。

「せせらぎ」の刃の形状

刃渡り全体の長さは223mmと、使い勝手と収納性の両立を考えたほどよいサイズ。

刃の素材は、切れ味が長持ちするモリブデンバナジウム鋼で、この形状とあいまって「切る時に余計な力がいらず、気持ちいいほどよく切れる」という。ちなみに、「せせらぎ」の名称の由来は、「せせらぎを泳ぐ魚をイメージ」して、全体のフォルムをデザインしたことから。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ