小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイレゾ音源が抜群の高音質になる小型スピーカーの選び方

2018.02.13

■スピーカースタンドに置いて聴きたい本格派

『Evidence MM01A』はリボンツイーターを搭載しながら画期的なハイコスパを実現したドイツの2Wayリアポートバスレフ型スピーカーだ。リボンならではの音場感と繊細な高域を聴かせてくれる。デスクトップにも置けるがやはりスタンドに乗せたい。『RP-5 G2』はモニタースピーカーという名前からは想像できないホットな音楽を聴かせる。特に低音の量感はこのサイズでは最強ではないだろうか。電源ケーブルまで左右独立のアクティブスピーカーだ。『TSM-2201』はプロ用モニタースピーカーの専門家TADが作った密閉式の小型モニターで、情報量の多さと音場感の良さがポイントだ。しかし、演出された低音の量感はなく、音場の広さはスピーカーの間隔に比例。録音の素顔を暴くシビアな一面もある。

●MHI『Evidence MM01A』実勢価格約6万7000円

ボーカルが気持ちいいMHIのリボンツイーター搭載スピーカー

MHI『Evidence MM01A』

●KRK『RP-5 G2』実勢価格約3万5000円

音もコスパもバランス感覚が絶妙なKRKスタジオモニター

KRK『RP-5 G2』

●TAD『TSM-2201』実勢価格約16万円

スピーカーの匠が作ったTADの次世代ニアフィールドモニター

TAD『TSM-2201』

(文/ゴン川野)

ゴン川野のPC Audio Labオーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。