小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これぞ究極のBGM用真空管アンプ!?和山通商の『FU32 Single Stereo Power & HeadphonesAmp』

2014.04.07

【ゴン川野のPC Audio Lab】BGM用の真空管アンプを求めて。和山通商の『FU32 Single Stereo Power & HeadphonesAmp』

■Introduction

デスクトップのシステムをどんどん高音質化しているくと、音楽に聴き入ってしまい仕事が進まないという現象が発生した。これでは困る。ひたすら高音質を求めてきたが、もっとナローレンジで聞き流せるようなBGMシステムが必要ではないか! そこで注目したのが真空管アンプだ。真空管のイメージと言えば、ナロー&メローの心地良い音、ヒーターの赤い光を見るだけでココロが癒される。そして現代のアンプと張り合うようなハイファイ指向ではなく、あくまでも昔の真空管アンプに注目した。探してみるとやはり中国製が安い。例えばエレキットの6L6GCシングル真空管キット『TU-8200』は6万3000円だが、これが中国製の和山通商『手作り6L6GC シングル真空管ステレオパワーアンプ』なら、わずか1万6200円なのだ。もちろん回路や使っている部品、機能などに違いはあるが、驚くほどハイコスパなことは否めない。

私が気に入ったのは、移動無線用の小型送信管である双5極管を使ったパワー&ヘッドフォンアンプだ。何しろこの真空管の形が面白い。角のように見える2本の端子に丸っこい形を見ているだけで癒されそうだ。どんな音がするか想像もつかない。Webで検索してみたが音に関しての記述は皆無だった。価格は1万5900円とこれまた安い。私はデスクトップにも置けるタテ型デザインの『グレUP ! FU32シングル真空管ステレオパワーアンプヘッドアンプ』2万400円を選択。送料は日本全国1500円なので振り込み金額は2万1900円だった。タオバオ便などの代行業者を通さず、直接、中国にオーダーできるので、振り込みから製品が届くまで最短3日、私の場合は15日に注文して19日に到着した。しかもWebからトラッキングもできる。

【ゴン川野のPC Audio Lab】BGM用の真空管アンプを求めて。和山通商の『FU32 Single Stereo Power & HeadphonesAmp』

真空管アンプは航空便で送られ、その経過はWebサイトからチェックできるので安心だ。日本国内は佐川急便が配達する。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。