小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

俺の“A6オールロードクワトロ愛”を聞いてくれ!

2014.08.27

 アウディジャパンが、2012年に300台、2013年に200台だけ、販売していた『A6オールロードクワトロ』を、台数を限定しないカタログモデルとして復活させることを発表した。これを素直に喜びたい。

俺の“A6オールロードクワトロ愛”を聞いてくれ!

■『オールロードクワトロ』とは?

『A6オールロードクワトロ』に抱く愛の大きさは、誰にも負けないと自負している。このクルマの素晴らしさは、まだ車名に『A6』が付かず『オールロードクワトロ』と呼ばれていた初代から変わらない。では、何が素晴らしいのか?

 運転席に座ったまま、ボタン操作ひとつで最低地上高を5段階にも上下させることができるのだ。まず、そこが素晴らしい。『A6オールロードクワトロ』は、『A6』のステーションワゴンである『A6 アバント』をベースに造られているクルマだ。『アバント』との大きな違いは、車高自動調整システムが加えられている点だ。

『レンジローバー』や『カイエン』なども最低地上高を上下させることはできるが、段数は少ない。最低地上高を下げれば、高速での安定性が増し、上げればラフロードや雪道での凸凹をクリアできる。いくら4輪駆動であっても、クルマの床下やサスペンションなどが凸凹に引っ掛かってしまっては、前に進めない。凸凹は岩のように硬いものでなくても、新雪だって意外なほど抵抗が大きいのだ。

 抵抗はクルマが前に進む力を奪い、構わずアクセルペダルを踏み続けていると、タイヤは下の方向に引っ掻くだけに陥ってしまう。そうなったら、もうスタックしかない。砂や泥などでも同じことだ。

俺の“A6オールロードクワトロ愛”を聞いてくれ!

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。