人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ESS/ES9016×2を8chパラレル駆動!こだわりが詰まったパイオニア『U-05』

2014.09.05

ESS/ES9016×2を8chパラレル駆動! パイオニアのこだわりが凝縮した『U-05』

■Introduction

PIONEERがこだわり続けているDACメーカーそれがESSである。ESSの作るDACは独自のデジタルフィルターにジッター低減機能やデジタルボリューム、クロックのロックレンジの幅を調整する機能などユニークな機能を満載。ハイエンドメーカーも注目のDACである。私もESS/ES9018の音に惚れ込んで、リファレンスDACにはResonessence Labs『INVICTA/MIRUS』を使っている。ES9018SをLRで2個使い、8chのパラレル出力を1chにまとめて使うという贅沢を尽くした回路構成を採用している。

これに対してPIONEERのピュアオーディオアンプはESS/ES9011Sという2ch専用のカスタムチップを使った『A-70』を製品化している。オンラインショップでの直販価格は15万80円である。それに引き続き登場したUSB/DACが『U-05』である。今回は何とES9016をダブルで搭載! ハイエンドのES9018をシングルで使うよりES9016をLR独立で使い8chパラレル駆動することでS/Nの向上を選択したという。この考え方は『INVICTA/MIRUS』と一致する。さらに一般的には封印されているロックレンジアジャスト機能を全面解禁! そんなことを実行したのは日本のガレージメーカーだけで、伝説の高音質DAC、ATI LABO『duaal ES9081 fullbalance DAC』やArcadiaDA『Model II DAC』ぐらいしか見当たらない。そして確かに音質向上効果はあったのだ。

『A-07』これだけでもスゴイのだが、バランス対応ヘッドフォンアンプも搭載している。一見、DAC内蔵ヘッドフォンアンプに見えるが、PIONEERのWebサイトを見るとヘッドフォアンプ内蔵型USB/DACにジャンル分けされている。しかし、決してヘッドフォンアンプがオマケという訳ではない。DACからフルバランスでアナログ出力される立派な回路構成。さらに4pinXLRと3pinXLRの両方に対応する親切設計。これでお値段は希望小売価格10万5000円、実勢価格約8万6500円のハイコスパなのだ。スペック的には文句ナシだが、一体どんな音を聴かせてくれるのか。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。