小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スリムで温かみのある北欧デザインが特徴のHEGELのプリメインアンプ『H80S』

2015.06.26

■Performance

この音は往年のマランツを思わせるような、中低域に厚みがあって、ウォームでなめらかなボーカル、クセのない音色、フラットな特性で、低域のドライブ感がある。原音再生と言うよりは音楽性豊かなアンプだ。見た目はスリムだが、ドライブ能力が高く、試しにApogee『Duetta Signature』に接続してみると、低域がゆるくなることもなく音量を上げなければ破綻のない音を再生してくれた。Diana Krall『Quiet Nights/Where Or When』(96kHz/24bit)では、曲全体から漂うウォームな雰囲気、Diana Krallのボーカル、ピアノの伴奏、それらがバランス良く展開する。ボーカルはあくまでもなめらかで、ニュアンスも伝わる。この音色はなかなか得がたいものだ。

■研究結果

実際の音を聴くまでは、ちょっとお洒落な北欧デザインのプリメインアンプと思っていたのだが、このアンプはいい。特にハイレゾ音源よりアナログレコードの方が音がいいと思う人にオススメだ。ハイレゾ音源の粒立ちの良さ、クッキリとしすぎる感じ、それらの排除して、ハイレゾの持つ情報量の豊富さ、ニュアンス、音場感をしっかり聴かせてくれるのがHEGEL『H80S』なのだ。もし弱点があるとすればデジタルボリュームを使っての小音量再生である。今回は間に合わなかったが、もしかすると『H80S』の前に高音質なパッシブアッテネーターを挟めば、さらなる音質向上が狙えると思う。20万円以下の海外製プリメインアンプとして、ハイコスパで魅力的な製品である。

●『H80S』は音楽を気持ちよく聴かせる
●『H80S』の音はクセがない
●『H80S』のドライブ能力は高い
●『H80S』はデザインもいい

(文/ゴン川野)

ゴン川野のPC Audio Labオーディオ生活40年、SONY『スカイセンサー5500』で音に目覚め、長岡式スピーカーの自作に励む。高校時代に150Lのバスレフスピーカーを自作。その後、「FMレコパル」と「サウンドレコパル」で執筆後、本誌ライターに。バブル期の収入は全てオーディオに注ぎ込んだ。PC Audio Labもよろしく!


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。