小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子”

2015.12.03

『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子”

テーレッテレー♪ というBGMとともに魔女が「うまーい」と驚く「ねるねるねるね」のCMを覚えている@DIME読者は多いだろう。化学実験さながらの手順で、お菓子をつくるという斬新な発想が受け、1986年の発売以来、累計7億食も販売しているという。

『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子” 『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子”
クラシエフーズ
右:『ねるねるねるね(ソーダ味)』
左:『ねるねるねるね(ブドウ味)』
各108円

■食べ物で遊べ!

発売当時は、古き佳き“昭和”。飽食の時代へと向かいつつある時代だが、「食べ物で遊んじゃいけません!」と両親に叱られることがフツー。しかし、「ねるねるねるね」は、それを逆手に取った。

粉を水で練り込んでいくと次第に色が変わっていき、ふわふわになったお菓子に砕いたキャンディやチョコなどをつけて食べる他の菓子にはない仕掛けが子供に大人気! 少子化が問題になっている現在でも、右肩上がりで売り上げを伸ばしている。

『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子” 『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子”

『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子” 『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子”

『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子”
2種の粉を“ねるねる”すると色が変化し膨らむ。まさに魔法のような菓子は、発売から29年経た今、大人が見てもおもしろい!

「発売当初は『けしからん!』とか、『子供の体に良くないのでは?』というご意見を多くいただきました」と語り始めたのは、同社のマーケティング室の津田未典さん。

『ねるねるねるね』誕生から30年、衝撃的な進化を遂げたクラシエフーズの“知育菓子”
“ねるねる”してくれた津田未典さん

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。