人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.20

【2019年の手帳選び】タスク&情報管理に便利なダイアリー5選

いろは出版『SUNNY SCHEDULE BOOK』日々、多くのタスクをこなしている人は、モレがないよう書き留めておくことが大切。そういったニーズに応えるべく、情報が一元化できる、メモスペースの大きい手帳が急増中。ノートページの充実や、情報管理に便利な様々な工夫が施されている。

手帳での情報管理に最適なノートタイプが増加傾向

 客先での打ち合わせなど、PCを開くことに躊躇するシーン以外でも、手帳にメモする人は意外と多い。日付と紐付けることで情報が探しやすく、仕事をするうえで効率的だからだ。これまで十数ページだった手帳のメモページも、今では100ページ、200ページと大容量化。ページ番号が振られ、どこに何を書いたかインデックスで管理できるタイプもある。

 いろは出版の『SUNNY SCHEDULE BOOK』は142ページのノート付き。スケジュール部分に時間軸を設けていないので、日々のタスクが書きやすい仕様になっている。ある程度、フォーマット化されていたほうが書きやすいという人に最適だ。

 一方、情報管理に特化した手帳がロディアの『ゴールブック』だ。224ページのノートをインデックスで管理し、多くの情報を集約できる。手帳を自分仕様にカスタマイズするのに、ノートタイプだと自由度が高い。スケジュールはリストタイプだが、スマホのアプリで予定を管理している人なら、この程度の予定表で十分だろう。

タスク管理/情報を書き留めやすい工夫されたフォーマット

いろは出版『SUNNY SCHEDULE BOOK』いろは出版『SUNNY SCHEDULE BOOK』

【価格】ウイークリータイプ2900円 【サイズ】B6 【カラー】6色

ウイークリーが時間表記のないバーチカルスタイルで、予定を書いたり、ToDoを書いたりと自由度が高い。しかも142ページのノート付き。毎日のタスク管理から、会議や打ち合わせ内容まで一元化できてモレが防げる。2019年版はマンスリータイプも登場。

シンプルな区切りのバーチカルスタイルシンプルな区切りのバーチカルスタイルなので、自分で自由にフォーマット化できる。ページいっぱい書ける下段の方眼メモも便利。

大切にしたいことリスト大切にしたいことリスト。アイデアや感動したことなどを書いておける。読みたい本を書くリストや、行きたい場所を書く地図ページも。

やりたいことを記入できる「WISH LIST」やりたいことを記入できる「WISH LIST」を用意。仕事、ライフスタイル、お金など、様々な項目の目標を書き出せる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ