人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今さら聞けないiPhoneの3Dタッチの便利な使い方

2018.11.01

iPhone Xを使い始めてそろそろ一年が経ちそうな私ですが「3D タッチ」の存在を知ったのはごく最近です。「3D タッチ」って聞いたことはあるけれど、一体なんなんだ・・・? そう思ってる方も多いのではないでしょうか。実はこれがなかなか便利でカンタン、覚えていて損はないですよ!

さて、iPhoneの「3D タッチ」とは・・・?

iPhone6sからiPhone XS Maxまでに搭載されている「3D タッチ」はいわゆる感圧パネルというもので、ユーザーが画面をタッチするときの感度によって通常と異なる様々な操作が可能になる機能だ。
このタッチの感度には3段階あり、通常の「タッチ(タッチ)」→「peek(ピーク)」→「pop(ポップ)」の順で画面を押す強さが変わっていく。

3D タッチの設定方法

「3D タッチ」を有効にするには”設定”→”一般”→”アクセシビリティ”→”3D タッチ”をオンにします。

それでは今回は画面を一番強く押す「pop(ポップ)」を使った場合について紹介していきます。

iPhoneホーム画面のアプリを強く押した場合。

ホーム画面上のアプリ(例:設定、メール)をいつもより少し強めに押してみるとユーザーがよく使うであろうショートカットの一覧が表示された。

たった一回の操作で目的の画面を選択できるのはもちろん、とっても見やすいので探す手間が省けるのが魅力的だ。

特に筆者が気に入ったのはメールの新規メッセージを素早く立ち上げられること。これでサクサク時短出来ちゃいます。

コントロールセンターでは光の明るさや撮影方法を選べる。

コントロールセンターにあるカメラマークを強く押すと、撮影方法が一覧で表示される。

すごい・・・これは本当に便利ですね。QRコードもここから撮影することができます。

ビデオを撮影してたつもりが写真を撮影してた!という経験がある方にもすごくオススメしたいです。

そして懐中電灯のアイコンを強く押すと、なんと明るさの調節が出来るんです。

もう目が点になってしまいました。知らないのはもったいない・・・。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。