人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.18

ニコン『Z7』VS キヤノン『EOS R』フルサイズミラーレス最新モデル、買うならどっち?

レンズが主役のキヤノンに対してボディー中心のニコン。どちらも新マウント採用により、従来になかった最強レンズが新たに登場する。

高性能交換レンズとレンズアダプターで可能性が広がる!

『EOS R』にボディー内手ブレ補正がないことに驚かれた人も多いと思います。デジカメはセンサーの進化によって画質、AF速度、高感度特性などが大きく向上します。その瞬間、ボディーは世代交代を余儀なくされます。これに対して交換レンズは長い期間使えるのです。高性能レンズをハイコスパなボディーと組み合わせて使う。それがミラーレス時代の発想です。

手ブレ補正も光学情報も高性能レンズに内蔵しボディーと連携

キヤノン『EOS R』キヤノン『EOS R』オープン価格(実勢価格約23万7000円)

EVFを覗いたままで操作ができるUIを新採用。モードダイヤルを省略してタッチ操作のマルチファンクションバーを搭載。同時発売の交換レンズは4本中3本が開放絞り値F2以上の明るいレンズ。

サイズ:約W135.8×H98.3×D84.4mm、約660g(撮影重量)
撮影素子:35mmフルサイズ/約3030万画素  EVF:約369万ドット/0.71倍
液晶モニター:3.15インチ/210万ドット/タッチパネル/バリアングル式
手ブレ補正:レンズ内(スチール)、レンズ内+5軸補正(動画)  Wi-Fi/Bluetooth:対応

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ