人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.16

関西と関東の「たこ焼愛」を比較してみた

関西人のみならず、関東人にも大人気のたこ焼き。お祭りの屋台のみならず、スーパー、コンビニ、フードコートなど様々な場所で購入でき、また、たこ焼き器を使って家庭で作られる場合も多いたこ焼きだが、実際のところ、家庭での調理・喫食実態はどのようになっているのだろうか?

また、関西・関東でどのような違いが見られるのだろうか?

今回、日本コナモン協会によって、週に1回以上家で料理をつくっている関東・関西在住の20~40代女性200名(関東エリア/関西エリア 各100名計200名)を対象に実施されたアンケートの結果が届いたので、早速、紹介していきたい。

お祭り定番メニュー「たこ焼」! 「屋台でたこ焼」派は関東人の方が多い!?

はじめに、お祭りの「屋台」で食べるメニューのうち「祭りらしさ」を感じるものを比較した。その結果、関東人で「たこ焼」(44%)と回答した人は関西人の回答(40%)よりやや多いという結果に。

また、「屋台で好きな食べ物」を聞いたアンケートでは、「たこ焼」を挙げた人が関東人(61%)、関西人(59%)と同程度の結果となった。

関西のイメージが強い「たこ焼」ですが、関東人も祭りの「屋台」においては同じくらい「たこ焼」が好きだと感じていることがわかる。

続いて祭りの「屋台」で必ず「たこ焼」を購入すると回答した人を比較すると、関東人(28%)対 関西人(14%)となり、関東人の方が「屋台でたこ焼を購入する人が多い」という、意外な結果となっている。

「屋台でたこ焼」ではない関西人は、手づくり派が多数! 関東人と15pt差に

あまり「屋台」では「たこ焼」を食べていないことが分かった関西人。では、どこで食べることが多いのだろうか。続いて関西人、関東人それぞれが「たこ焼」を「半年に1回以上」食べている場所を比較した。

すると、「家でつくる」と回答した関西人(47%)の割合は、関東人(32%)と比較すると15ポイントも上回るという結果に。手つくりのたこ焼を好む関西人の傾向がわかる。一方、「専門店で買って食べる」と回答した人の割合を比較すると、関東人(59%)、関西人(48%)と11ポイントの差をつけて関東人に軍配があがる結果に。「『たこ焼』はお店で買うもの」という関東人の意識がうかがえる。

参考情報として、「たこ焼」を「家でつくる」と回答した関西人(22名)のみにたこ焼をつくっている器具について聞いたアンケートでは、6割以上が「専用のたこ焼器(電気式)」(64%)と答えており、「一家に一台」とは言わないまでも、関西の多くの家庭に「電気式たこ焼器」があることがわかる。一方、「たこ焼」を家でつくると回答した関東人のみ(14名)に同様の質問をすると、「専用のたこ焼器(電気式)」(36%)と「専用のたこ焼器(カセットガスコンロ式)」(36%)が同率となっている。

家でつくるたこ焼、つくるなら日清フーズの「たこ焼粉」で!

今回の調査では、それは関東人も関西人と同じくらい、たこ焼が好きだということがわかった。ぜひ、関東のみならず、他県の人たちも、屋台で味わうだけではなく、家庭で焼いてみてはいかがだろうか。

オススメのたこ焼き粉はこれ!大阪の人気たこ焼専門店の味をご家庭で再現できる、日清フーズの「たこ焼粉」。https://www.nisshin.com/products/kona.html

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ