人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.24

土鍋ご飯の旨さに注目!おこげ信者にオススメのタイガー魔法瓶「土鍋圧力IH炊飯ジャー<炊きたて> JPH-A101」

タイガー日本人の誰もが大好きな土鍋炊きご飯。その味を追求すべく、三重県四日市の萬古焼土鍋釜を採用するタイガー魔法瓶は、7月発売のハイエンドモデルをチェックした。

タイガー魔法瓶『土鍋圧力IH炊飯ジャー<炊きたて> JPH-A101』タイガー魔法瓶『土鍋圧力IH炊飯ジャー<炊きたて> JPH-A101』
オープン価格(実勢価格約12万円)

厳選された土に炭化ケイ素を配合、4度の焼き工程を経て完成した特製内釜を採用。蓄熱性と熱伝導に優れた土鍋釜と、遠赤土かまどによる高火力がお米の旨味を引き出す。おひつとして使える土鍋フタ付き。

サイズ:W261×D325×H220mm、約7kg
炊飯容量:1〜5.5合
炊飯時間:60分(無洗米・標準)

土鍋ご飯の味わいを存分に

原口 タイガーの炊飯器は料理家や食ライターなど、食関係者の間でも人気。日本人好みのもちもち系ご飯が得意です。

小池 いやぁ、コレはスバラシイ! お米のポテンシャルが十分に引き出されています。私は5項目で満点評価をつけました。

西條 粒立ちが良く、濃厚な味わいでした。硬さも私にはちょうどいいですね。何よりおこげの香りが食欲をそそります。ただ正直いうと、冷チンのほうがおいしい気がしたのですが……。

小池 確かに冷チンでも、甘味、旨味をしっかり感じ取れました。

原口 冷チン、あなどれず、ですね。やはり土鍋の力でしょうか。

小池 それはあると思います。おこげができるのは火力が強い証拠。土鍋を生かした炊き方が徹底的に研究されていますよね。

原口 同社は健康志向をキャッチしたメニューづくりにも意欲的です。低糖質の米粒状加工食品に対応する炊飯器も発売していますし。

西條 そうなんだ。奮発して、母親にプレゼントしようかな。

ねばりと弾力を引き出す〝可変W圧力炊き〟

ねばりと弾力を引き出す〝可変W圧力炊き〟炊き上げ時、1.25気圧の圧力をかけて粘りと弾力を引き出し、炊き上げ後に1.05気圧まで減圧して、べたつきを抑えたご飯に仕上げる。

〝受け〟側もしっかりスタンバイ

〝受け〟側もしっかりスタンバイ土鍋と接するかまど部には遠赤効果の高い釉薬を施し、土鍋の熱を蓄熱。高火力でご飯の甘味と旨味を引き出す。

おいしく水分調整〝つや艶内ふた〟

おいしく水分調整〝つや艶内ふた〟親水効果のある加工を施した内ブタ。加熱時には素早い蒸発を促し、保温時にはご飯に水の膜を張って乾燥を防ぎ、しっとり感をキープする。
※写真はイメージ。

炊き上がり評価

タイガー 評価

●見た目、味とも納得の炊き上がり

見た目、味とも納得の炊き上がり米粒の存在感が申し分ない。今回は標準的なモードで炊いたが、おこげがしっかりできていた。土鍋ご飯、おこげ好きにはたまらないはず。

粒が大きい

〜プレミアム本土鍋〜

[使用モード]無洗米・標準・火かげん2
[炊飯時間]60分

プレミアム本土鍋三重県四日市の萬古焼土鍋に、炭化ケイ素をプラス。熱伝導率が約2.5倍に向上。

〈KOIKE’S REVIEW〉★★★★★
おねばは少くないが、おこげから出る甘味、しっかりと歯をとらえるねばりが◎。

〈SAIJYO’S REVIEW〉★★★★☆
おこげの香りにそそられる。粒にハリがあり、ご飯だけをしっかり楽しめる。

〈HARAGUCHI’S REVIEW〉★★★★☆
土鍋ご飯の魅力を見事に再現している。個人的にはもう一段軟らかめに炊きたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ