人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

充電しっぱなしはNG!間違いだらけスティック型クリーナーの使い方

2018.10.25

家電の使い方今秋、注目のスティック型クリーナーの新モデル。良いものだからできるだけ長く使いたいもの。そこで、故障や修理の事例に詳しい家電総合エンジニアに、間違った利用例を 教えてもらった。あなたは正しく使ってる!?

本多宏行さんテックマークジャパン 業務部 クレームチームチーフ
本多宏行さん
延長修理保証プログラムの設計と運営を行なう同社で、修理請求があった場合に内容が正しいかを判断する修理精査業務を担当。「総合家電エンジニア」資格を持ち、チームを牽引。

リチウム電池が延命のカギ!?スティック型クリーナー

【Mistake 01】バッテリー残量が10%未満になったら使うのはやめましょう!

スティック型クリーナーの多くは、スマホなどと同じ充電式リチウムイオン電池を採用。この充電電池は「電池残量を10%未満にしないことが鉄則」と本多さんは言う。「残量を使い切ってしまうと電池の早期消耗に直結します。メーカーはそのことを考慮しているので、電池残量の警告ランプを早めに点灯させているのです」。クリーナーの電池残量警告ランプが点灯しても運転はできることもあるが、そこは掃除を中断して充電すべきなのだ。「もう少しで掃除が終わると思うと、つい続けて使ってしまいますが、ご法度です」

バッテリー残量が10%未満になったら使うのはやめましょう!

【Mistake 02】段差のあるところなどで、むやみに衝撃を与え続けてはいけません

掃除機の床用ノズルは床掃除専用。床や階段などの段差で、つい浮かせて運転させがちだが注意が必要だ。本多さんは、「自走式の床用ノズルは重量があり、浮かせて移動すると、ノズルと延長管の接続部、延長管と本体の接続部に負荷がかかり、接続機構部の破損や接触不良につながることも。特に海外製品は、樹脂成形の際にできる〝ウェルドライン〟と呼ばれるヒビ割れが多く、そこから破損することも」と注意を促す。段差などでのノズルの取り扱いは慎重に。

段差のあるところなどで、むやみに衝撃を与え続けてはいけません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。