人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.12

開発者に聞いて納得!話題の衣料用消臭剤「リセッシュ」が支持される理由

開発者に聞くシェアNo.1男性用衣料用消臭剤をフルモデルチェンジした理由

消臭剤でありながら、汗臭の原因物質にアプローチして汗のニオイを中和消臭。さらに繰り返しかく汗に対しても消臭力は持続する。この〝汗のニオイを予防する″という、まったく新しい発想で開発された衣料用消臭剤がある。2005年から展開する、花王『リセッシュ除菌EX』だ。2014年には市場に先駆けて、男性向けの衣料用消臭剤を発表。以来、シェアNo.1※を誇る。
※インテージ SRI 男性用衣料類用除菌消臭剤市場(2014年2月~2018年3月 金額ベースシェア)

そんな『リセッシュ除菌EX』が、さる9月15日に改良発売で生まれ変わった。しかも、容器機構・消臭成分組成までを見直したフルリニューアルだという。

今回のリニューアルで、何が変わったのか。花王のハウスホールド研究所で『リセッシュ除菌EX』の研究開発に携わる2人の研究員に話を伺った。

開発キーワードは、長時間持続可能な消臭効果

左から)ハウスホールド研究所 上席主任研究員 菅野郁夫さん、同主任研究員 大谷博卓さん

まずは消臭の方法について予習しよう。現在市販されている消臭芳香剤は、消臭方法別に、次の4つに分類することができる。

物理的消臭:代表例は「炭」。悪臭成分を吸着する方法。
感覚的消臭:代表例は「香水」。強い香りによって悪臭を目立たなくする方法。
生物的消臭:代表例は「抗菌剤」。悪臭の原因となる雑菌の繁殖を抑える方法。
そして4つ目が『リセッシュ除菌 EX』シリーズの採用する化学的消臭。

ニオイの原因物質は、酸性やアルカリ性といった性質を備えている。これら原因物質に中和反応を促すことで、嫌なニオイを発生しない物質に変化させるというのが、用いている化学的消臭のメカニズムだ。

そこで『リセッシュ除菌EX』は、汗臭などの酸性のニオイ物質に働くクエン酸技術を採用。さらに、男性向け『リセッシュ除菌EXデオドラントパワー』は、タバコ・焼き肉のニオイ物質に働く特許消臭成分「デオドライザーZ」を従来比の2倍に増加している。

一般的に酸を中和するにはアルカリ、アルカリを中和するには酸、が必要と考えられるが、酸性とアルカリ性のどちらのニオイも中和できるというのは、どういうことなのか。

「具体的には、緩衝溶液の形をとっています。緩衝溶液とは、酸やアルカリを加えてもその影響をやわらげpHをほぼ一定に保つ働きのある溶液のことです。これにより汗とタバコ・焼き肉といった、性質の異なるニオイの原因物質にも反応するのです。約1万通りにおよぶ処方を経て、2004年に緩衝溶液の消臭剤を採用した『リセッシュ』は誕生しました。そこから緩衝溶液としてのバランスを保ちながら、10年以上にわたって処方の改良を重ねた結果、〝汗臭バリア効果″2倍を実現する『リセッシュ除菌EX』シリーズが完成したのです(菅野さん)」

汗臭バリア効果とは、繰り返しかく汗臭に対する中和消臭が一日中持続するという、花王の独自技術。また、『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』は、高い除菌力も備えている。

「『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』は、化合物の除菌剤を配合しています。そのため、一次的に除菌するアルコールスプレーとは違い、すぐに効果が失われることはありません。例えば、ジャケットなどの衣類の場合、15~20回ほどスプレーしていただければ、液が繊維の奥にまで浸透。ニオイの原因菌を除菌するだけでなく、成分が繊維の中にとどまって効果を発現し、汗臭などの予防を可能にしているのです(大谷さん)」

部屋干しする際、洗濯し終わった衣類に『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』をスプレーしておけば生乾きのニオイが予防でき、突然の雨などで濡れた際もイヤなニオイが発生しにくくなっている。

それに加え、布製品の〝防カビ効果″なども備えているのでカーテンなどのインテリアファブリックにも使える。

3つのプロフェッショナルが追求した理想のトリガースプレー

もちろん、消臭剤だけが優れているわけではない。『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』は、改良発売に伴い3つの研究所が連携。トリガースプレー機構・容器、香料までも刷新されている。

例えば、消臭剤の噴霧を担う、トリガースプレーは、リセッシュ用にきめ細かいミストが生成できる機構の蓄圧式トリガースプレーを採用している。この蓄圧式トリガースプレーは次の3つの要素で構成されている。

ピストン・シリンダー計量部:噴射する液を一定量計量する
蓄圧バルブ:トリガーレバーを引き、噴射する液が一定圧力以上になるとスプレーする
ノズル:理想のスプレーパターンとスプレー粒径になるよう設計された噴射口

トリガーを引くとピストンが連動し、シリンダー内の液が押し出され、ノズルの噴射口を通して液がスプレーされる。これがトリガースプレーの仕組みだ。これはスプレー製品の多くに採用されている機構だが、パーツのサイズや形状、液の性状などによって、トリガーの引き心地や液の飛び方に違いが出る。また、トリガーを引く力が噴霧する力に100%転換されるわけではなく、エネルギーの損失が起こる。

「消臭剤をきれいな霧状として噴射することができても、トリガーが重くては使い勝手に欠けます。その逆もしかりで、いくらトリガーが軽く引けても、液が繊維の奥まで届かないと十分な消臭効果は得られません。理想はやさしい力で、広域にまんべんなく消臭剤を噴霧できること。年配の方から女性までの誰もが簡単に扱え、なおかつ『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』が持つ真の消臭力が発揮しやすいデザインを目指し、液の流れと蓄圧のバランスを調整するなど、設計を1から見直しました(大谷さん)」

「それから香料に関しても、モニター調査で十分な評価を得たものを選出しています。ラインアップした香りは全部で3種。香りをまとうことで消臭を実感される男性に向けて、ほかの2つに比べて個性のある〝ワイルドオークの香り″も新たに開発しました(菅野さん)」

つまり、『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』は感覚的消臭の側面も持っているのだ。

長時間持続可能な中和消臭効果と99.9%除菌、誰もが簡単に扱えるユニーバーサルデザイン、消臭効果を実感しやすい香料のラインアップ。『リセッシュ』シリーズのフルリニューアルは、それらすべてがリセッシュ独自の〝汗臭バリア効果″の実感値を高めるためのもの。

『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』は、すべての働く男性のために、快適さと清潔さを約束する、新しい生活習慣を提案しているというわけだ。

商品概要

花王『リセッシュ除菌EX デオドラントパワー』各オープン価格/360㎖
香りのラインアップは3種類。中央の「香りが残らないタイプ」と左の「スプラッシュシトラスの香り」はスーツやジャケットにオススメ。今回、新登場となる右の「ワイルドオークの香り」は、しつこいニオイが付きやすい作業着などに最適なウッディ系の香調。

関連情報:https://www.kao.co.jp/resesh/

取材・文/渡辺和博

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ