人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メルセデスベンツ新型Cクラス、セダンとステーションワゴンを乗り比べてみた!

2018.10.13

さて、ここではセダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレがそろうCクラスの多彩なラインアップから、Cクラスの基本形となるセダン、C200 AMGライン、およびステーションワゴンのC180 アバンギャルド ADS(アダプティブダンピングシステム)の2台の試乗インプレッションをお届けしたい。

セダンのC200 AMGラインを走らせてまず印象的なのが、全域の軽やかな走行性能だ。ほかの仕様にくらべても、例えばC180の重厚さに対して、明らかに軽快感が支配するドライブフィール(乗り心地含む)だった。それはマイルドハイブリッドに相当するBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V電気システムの裏方に徹(てっ)しつつも絶大なる効果であり、それがもたらすアクセルレスポンスの良さ、9速ATも大きく貢献している。

ただし、パワーフィールで前型2LターボのC200を上回る1・5Lターボエンジンそのものは、回転フィールに少々、ザラつき感があり、ウルトラスムーズに回る、とは言い難いが、走りやすさという点ではこのクラスでベストかもしれないパワーユニットである。

一方、M274、1・6Lターボエンジン+9速ATのC180ステーションワゴンは、156ps、250N・mのスペックこそ前型と変わらないものの、C200の1・5Lターボユニットよりスムーズに回り、エンジンの振動も少なめだ。3000回転までの静かさも特筆もので、ロードノイズの見事な遮断もあって、メルセデスらしい上質な快適感が備わっている。スペックが示す動力性能はもっとも穏やかなはずなのに、例えば試乗した上信越道・碓井軽井沢ICからプリンス通りに至る急こう配の山道をストレスなく、どころかパワフルに駆け上がれる実力の持ち主でもあった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。