人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.09

【パターン別】iPhoneを格安SIMで利用するまでの手順

最新のiPhone XS/XS MAX、iPhone XRでは「デュアルSIM(nanoSIMとeSIM)」が採用されたことで、話題を呼んでいる。

格安SIMの利用者は増えているが、「iPhoneで格安SIMを使うことはできるのだろうか?」と、疑問に感じている方も少なくないだろう。

結論を先に言えば、iPhoneを格安SIMで使用することは可能だ。しかし、その手順は、それぞれの置かれている状況により大きく異なる。

そこで本記事では、パターン別にiPhoneを格安SIMで利用する手順について解説する。「iPhoneを使いながら、格安SIMで通信費を節約したい」という方は、ぜひ参考にしてほしい。

そもそも格安SIMとは

SIMカードとは、iPhoneをはじめスマートフォン・携帯電話で通信を行うために必要なICカードのこと。大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)以外のSIMカードが、「格安SIM」と呼ばれる。

格安SIM会社は「MVNO(エムブイエヌオー)」と総称され、それぞれ大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の回線を借り、通信サービスを提供している。そのため、格安SIMはドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3つに分類される。

iPhoneで格安SIMを利用するための最初の分岐点は、「今iPhoneを保有しているかどうか」だ。

1)iPhoneをすでに保有している場合

2)これから購入する場合

それぞれの手順を見ていこう。

保有しているiPhoneで格安SIMに乗り換える手順

現在、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で購入・契約しているiPhoneを使用していて、同じ端末で格安SIMを利用したい場合には、「どのキャリアと契約をしているか」「iPhoneの機種は何か」がポイントになる。

現在のキャリアと同回線を使用している格安SIMであれば、原則SIMカードの差し替えだけで、同じiPhoneを引き続き利用することが可能だ。他回線の格安SIMを使用したい場合には、「SIMロック解除」の手続きが必要になる。

ところが、各キャリアiPhoneの古い機種(iPhone6sより前の機種)の場合、SIMロックの解除に対応していない。SIMロック解除ができない場合には、新たにiPhoneを購入するなど、他の手段が必要になる。

ドコモ・au・ソフトバンク 共通する手順

0.(必要に応じて)iPhoneのSIMロック解除を行う

1.契約中のキャリアの解約手続きを行う

2.任意の格安SIMを契約する ※1と2はどちらが先でも可。

3.SIMカードを差し替え、設定を行う

ドコモのiPhone/ドコモ回線の格安SIM

ドコモで購入したiPhoneを保有している場合、ドコモ回線の格安SIMを選びSIMカード差し替えることで、そのままiPhoneを使用できる。ドコモ回線以外の格安SIMを利用したい場合には、SIMロック解除の手続きが必要だ。

ドコモ回線の格安SIM一例

DMMモバイル/楽天モバイル/LINEモバイル など

ドコモのiPhone SIMロック解除時の注意点

・iPhone6s以降の機種のみ対応

・購入から100日経過していること

・SIMロック解除手数料3000円(電話・ドコモショップ)が必要

 ※パソコンからの手続きであれば、手数料はかからない。

・すでに解約済みの場合には、解約日から100日経過していないこと

その他の注意点は公式サイトで確認しよう。

au回線/au回線の格安SIM

auで購入・契約中のiPhoneを利用中の場合、au回線の格安SIMを選べばSIMカードの差し替えだけで、そのままiPhoneを使用できる。au回線以外の格安SIMを利用したい場合には、SIMロック解除の手続きが必要だ。

au回線の格安SIM一例

UQモバイル/mineo/イオンモバイル など

auのiPhone SIMロック解除時の注意点

・iPhone6s以降の機種のみ対応

・購入日から101日目以降であること

・SIMロック解除手数料3000円(auショップ)

 ※「My au」からの手続きであれば、手数料はかからない。

その他の注意点は公式サイトで確認しよう。

ソフトバンク回線

ソフトバンクで購入・契約中のiPhoneの場合も、ドコモ・auの手順は同じだ。ソフトバンク回線の格安SIMであれば、SIMロック解除を行わず、そのままiPhoneを使用できる。

ソフトバンク回線の格安SIM一例

!mobaile/U-mobile/nuroモバイル など

ソフトバンクのiPhone SIMロック解除時の注意点

・iPhone6s以降の機種のみ対応

・購入日から101日目以降であること

・SIMロック解除手数料3,000円(ソフトバンクショップ)

 ※「My SoftBank」からの手続きであれば、手数料はかからない。

その他の注意点は公式サイトで確認しよう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ