人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.11.21

【5分でできるおつまみレシピ】きのこのブルーチーズ焼き

■連載/ムッシュ・フジタの5分でできるおつまみレシピ

 いつの頃からか市民権を得た、ブルーチーズ。世間に出回り始めた当初は、「カビが生えたチーズを食べるだなんて!」と全員が理解不能だった時代もありましたよね。しかし、今となってはそんな偏見を越え、大のブルーチーズファンと公言する人も珍しくなくなるほどになりました。いやはや不思議な食べ物です。

 ただ、そうは言ってもクセの強い食材であることに変わりありません。とにかく味が苦手という方もいるでしょう。そんな方には今回のレシピはごめんなさい。無理して食べるほどの物ではないのでスルーして下さい。でも、ブルーチーズ好きな人には心躍る味付けのはず! もしくは、「そこまで嫌いじゃないけど、好んでは食べない」というぐらいの方には、ぜひチャレンジして頂きたい一品です! ブルーチーズは火を入れることでそのまま食べるより味がまろやかになりますし、キノコとの相性も抜群にいい素材なのです! もちろん、いつもの如くパパッと簡単に出来ますので、ぜひお試しいただければと思います!

それでは、作り方を紹介しましょう。

用意する食材はコチラ!

きのこのブルーチーズ焼き

-材料- 原価
・エリンギ 1本(50円)
・しめじ 1/2株(50円)
・ひらたけ 3~4本(50円)
・ブルーチーズ 25g(100円)
・ベーコン 30g(30円)
・ニンニク 3欠片(30円)
・白ワイン 大さじ2
・塩、コショウ 少々
・オリーブ油 少々
(材料費 約310円。調味料等は材料費に含めず)

それでは、お料理タイムアタック、スタート!

【0:00スタート】

1、きのこ各種は石突を落とし、適当な大きさに切る。

★POINT
今回はエリンギ、しめじ、ひらたけを使用しましたが他の種類でも結構です。まいたけ、しいたけ、エノキなど、お好みのきのこを使って下さい。

【1:00経過】

2、にんにくはスライスにする。

★POINT
手間をかけられる人はみじん切りでもOKです。にんにくもキノコと一緒に食べられるよう細かく切る方がベターです。

【1:30経過】

3、ベーコンは幅を持たせた短冊切りにする。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ