人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.30

閲覧注意!中国発、詐欺メイクを通り越した「造形メイク」がスゴすぎる

黒目をデカくするのも、人口睫毛を植えるのも、二重を形成するのも全ては当たり前になっているこの頃。小細工を取ってしまえば素顔が露呈しますから、韓国のように土台にメスを入れてしまうよりマシなのかもしれません。それでも最近は「お泊まり・寝起きでも無敵★」なコスメも次々出回っており、世の男性被害者は一向に減少しないのですね。こんなはずじゃなかった、と。お察しします。

さて、顔面を詐欺る女性のほうが多いよという話の流れから、この度は中国の新しいメイク事情をお届けしたいと思います。心の準備をしたらスクロール。

詐欺メイクを通り越した「造形メイク」

二重テープで二重を形成すること自体も言うなれば造形なのでしょう。しかし、それしき子供のママゴトのように思えるレベルに達しているのが、最近の中国。もちろん、目尻に朱色のラインが映える、美しい女性も沢山存在するのですが、あれだけ人口があれば例外もあります。

■中国版TikTokに投稿された衝撃動画

インスタのメイクアップチュートリアルの投稿は膨大。プロから一般人まで、世界各国の人々がその器用さとBefore / Afterを披露しています。

<USA>

これの逆バージョン、After / Before を中国の女の子たちが抖音(Tik Tok)に投稿したわけですが。もう衝撃。

Credit-@new_look_me

Credit-@make.up.vines

鼻....鼻っ!!!

Credit-@make.up.vines

輪郭修正テープはもうこの際どうでもいい。

Credit-@meplusfashion

どのような素材で鼻を作っているのか彼女たちは公表しておりませんが、粘土や特殊メーキャップ用のものだと憶測されます。

DIMEのよみ「Before / After がトレンドの主」

日本のカラコン・マツエクはスタンダードになっておりますが、中国の造形メイクはすべてにまかり通るメイクトレンドというわけではなく、どちらかというと「Before/After」のインパクトに重きを置いたトレンドという感じがします。

ただ明確なのは、小さく尖った顎・細く通った鼻というのが理想の顔面であるということ。米ニュースサイトでは「日本のマンガキャラクターに似せる」と表現されていました。なるほど。

顔に凹凸のある人種からしたらいまいちピンとこない理想のようですが、日本・韓国・中国の3大平たい顔族には共通する夢なのでありますね。

とにもかくにも、男性諸君。年々巧妙になっていく女性の顔面詐欺にはご注意あれ。

構成/文 松永舞香

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ