人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AIを活用したペット見守りサービス「ペットみるん」を試してみた

2018.08.19

おっ、うちの猫が写ってる、写ってる!

 では、早速ペットみるんをテストしてみる。このアプリは基本的に以下の4つの使い方ができる。

1.タイムライン……多くの人が使うであろう機能がこちら。勝手に送られてくる画像を見るページ、以上(笑)。
2.ライブ……ライブでカメラの映像を見ることができる。しかし、ペットが写っていないことも多いので、ほとんど使わなくなった。まぁ、とっさの時に部屋の雰囲気はわかるから、安心のための機能という感じ。
3.アルバム……撮影した映像をクラウドに保存しておく機能。保存期間は半年間だが、お気に入りにチェックすると、ずっと残せる。スマホに映像を保存することも可能だ。
4.レポート……上手に設定すると、水飲み回数やごはん回数、トイレ回数もレポートしてくれる。マメな人に向いてる機能。

 という感じなので、実質「タイムライン」さえ使えればほぼ、使いこなしたに等しい。

 外出先でアプリを開いてみると、おやおや、うちの子が写っているじゃないですか! 最初はお尻だけが写って、さっさと歩いて別の部屋に移動した画像が届いた。悔しいぞ、ちゃんとこっちを向きなさいよ! なんて思うが、仕事に追われアプリの存在を忘れる。

 ひと通り、仕事を終えて再度アプリを立ち上げると、待望の顔写真が届いているじゃないですか! しかもグルーミングして意外やリラックスしている様子。ひとりで寂しく過ごして居るんじゃないかと思っていたのに、結構楽しんでる感じ。何だか嬉しいような、ちょっぴり残念なような、不思議な気持ち……でも、安心するのは間違いない。外気が40度に迫らんという酷暑であったが、無事に過ごしている姿をみて、安堵する

 映像に慣れてくると、動画再生をあまりしなくなるが、逆に便利なのが「本日のハイライト」。例えば朝の5時から12時までの画像をまとめて送ってくれる画像集だ。半日ほどの様子がわかるので、どんな行動をしているのかがよくわかる。このハイライトは1日1〜3回、朝5時、昼12時、夕方18時に配信される。

画像が届く回数が適度。見続けなきゃいけないなんて面倒もなし

 1週間ほど使ってみてわかったのが、送られてくる画像の数が適量だということ。あまりに数が多いと見るのが苦痛になってしまうけれど、まあまあの量。動画も最大で60秒と短めなので、見飽きるということもない。

 何ともペット好きの心理を見抜いたサービスじゃないの……と感心。これを開発したのはきっと、ペット好きのはずと思い、開発者から話をうかがうことにした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。