人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オシャレでおいしい飲み物として「レサワ女子」にも大人気の進化系レモンサワー

2018.08.10

基本のレモンサワーとは?

(1)氷をたっぷり入れて焼酎を注ぐ。ハイサワーが提案する黄金比は、甲類焼酎1:ハイサワー3の割合。家で作るときはキッチンスケールを活用するとよい。酒は水より比重が軽いのでグラム単位だと若干誤差が出るが、味を左右するほどではないのでOK。

(2)ハイサワーを注ぐ。ハイサワーは強炭酸なので炭酸を味わうために、ハイサワーを氷に当てないように注ぐ。グラスの壁に沿ってそっと注ぐことで、炭酸のシュワシュワ感が持続。

(3)軽くステアする。マドラーを使ってグラスの底を軽く叩くような感じで。長いスプーンで下から氷を持ち上げるようにするのもよい。グルグルと掻き回すと炭酸が抜けてしまうので注意。

(4)さらにおいしく飲みたい場合には、レモンを1/8を扇形にカットし両手でギュッとしぼる。「レモンを切るときはまな板にのせて、手のひらで押しながら転がすと柔らかくなり汁の量も増える。レモンは最後にしぼることで皮の風味がグラスを包み、一口目のおいしさが違ってくる」(藤村さん)

〇ハーブレモンサワー

 今回はミントを使ったアレンジで。ミントを使った人気のカクテルといえばラムベースの「モヒート」だが、レモンサワーにミントを入れることでモヒート的な飲み心地になる。相性的にライムを使ったが、ライムが無ければレモンでも代用可。自宅にラムがあればハイサワーと割ってモヒート風として作ってもおいしい。

 グラスにたっぷりのミントと、スプーン1杯程度のガムシロップを入れ、ミントをつぶしていく。葉の形が残っている程度でOK。焼酎30CCを注いでからライムをしぼって入れる。最後にハイサワーを静かに注いでステアする。

〇リキュールレモンサワー

 レモンサワーに好みのリキュールを加えるだけの簡単アレンジ。今回はエルダーフラワーリキュールを使用したが、カシスやカンパリ、ピーチリキュールなど家にあるもので合わせてもいい。リキュールを加えることでレモンサワーより色気のある飲み物になる。焼酎30㏄を入れてから、焼酎の半分量ほどのリキュールを入れてステイし、最後にハイサワーを入れて軽くステイ。

〇ジャムジャムレモンサワー

 果実を使う場合、果実の凝縮感があった方が作りやすく味が締まるとのこと。オレンジジュースよりもマーマレードを使用し、さらにオレンジのリキュール「グラン・マルニエ」を加えると、オレンジジュースよりもオレンジ感が増す。

 今回はブルーベリージャムを使用。ジャムは液体に溶けにくいためシェイクが必要となるが、藤村さんがシェイカー代わりに使ったのは、蓋つきのボトル、メイソンジャー。材料を入れて振ればシェイカーと同じ役割を果たす。シェイクしたものを、氷を入れたグラスに開けてハイサワーを加えればできあがり。

 1杯分をグラスで作りたいという場合は、ジャムをスプーン1杯分、焼酎を30㏄入れてカプチーノやラテのミルクを泡立てるクリーマーで攪拌してハイサワーを入れる。今回はメイソンジャーで10杯分まとめて作ったが、1杯分なら焼酎30㏄に対し、ジャムはコーヒースプーンに山盛り1杯、もしくはもっと入れても、イメージしているよりも甘くならない。

「家飲み会をする場合、どのお酒を用意するか迷うが、ハイサワーがあればアレンジの幅が広がることは間違いない。赤ワインで割る時はハイサワーを先に入れて赤ワインを浮かせると『アメリカンレモネード』スタイルのビジュアル映えするカクテルになる。白ワインとハイサワーをハーフ&ハーフで作ると『スプリッツァー』風に、ビール+ジンジャエールの『シャンディガフ』、ビール+トマトジュースの『レッドアイ』のように、ビールとハイサワーをハーフ&ハーフで割ると『パナシェ』になる」(藤村さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。