人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.13

見た目はいっしょでもできること全然は違う!?USB Type-C端子の見極め方

近年のノートPCで採用例が増えているUSB Type-C。コネクターの上下を気にせず使えて便利だが、製品によって仕様が異なる場合が多い。USBの規格としては転送速度が5Gbpsで仕様がUSB 3.0と同じ「USB 3.1 Gen1」か、転送速度が10Gbpsに高速化された「USB 3.1 Gen 2」のいずれかに対応する。また、同じUSB Type-C採用の「Thunderbolt 3(※)」は、「USB 3.1 Gen 2」にも同時対応する。このほか、映像出力や給電機能(USB Power Delivery)の対応有無といった違いもあるので仕様はしっかり確認したい。

USB Type-C見た目はいずれもUSB Type-Cだが、雷マークが付くとThunderbolt 3対応で、電源マーク付きは給電機能対応と、表記である程度見分けがつく。

※Thunderbolt 3とは?:ポート形状はUSB Type-Cと同じであるが、データ転送速度はUSB 3.1 Gen2が10Gbpsに対して、Thunderbolt 3は40Gbpsと高速。また、1つのポートに複数のThunderbolt 3対応機器を数珠つなぎ(デイジーチェーン)接続して利用できる。ただし、給電機能への対応は製品によって異なる。

取材・文/平澤寿康

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ