人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.04

iPhoneのメッセージアプリ「iMessage」の知って得する便利機能

iPhoneアプリの中でも、「メッセージ」は知名度が高い。

しかしながら、実際のメッセージのやりとりは「LINE」やFacebookの「Messenger」を利用する方も多く、iPhoneのメッセージアプリを活用している人は、まだまだ少ないかもしれない。

LINEやMessengerには、それぞれ便利な機能や特徴があるが、iPhoneのメッセージも決して劣ってはいない。メッセージには、オリジナルの便利な機能が多数備わっており、特にiPhoneユーザー同士であればメリットも多い。

そこで今回は、iPhoneのメッセージの基本的な使い方と、覚えておきたい便利機能を紹介する。ぜひ本記事を参考に、メッセージを使いこなしてほしい。

iPhoneのメッセージアプリとは

iPhoneの「メッセージ」は、Apple IDを利用したメッセージサービス。iPhoneユーザー同士では、データ通信を使用してメッセージの送受信を行う。そのため、他のメッセージアプリ同様データ量は使用するものの、無料で利用することができる。

メッセージアプリでは、SMS(Short Message Service)/MMS(Multimedia Messaging Service)の送受信にも対応している。Androidなど、iPhoneではない端末とのやりとりも可能だ。(ただし、SMS/MMSには別途料金が発生する)メッセージのやりとり画面では、iPhoneユーザー同士は青色(iMessage)で、SMS/MMSは緑色で表示され区別される。

iPhone同士でメッセージをやりとりするための「iMessage」の設定は、「設定>メッセージ>iMessage」と進み、チェックを入れるだけ。メッセージの設定画面からは、受信したメッセージを開封した際に、開封したことを相手に通知する「開封証明を送信」や、iMessageが利用できない場合にSMSでメッセージを送信するかなどの設定も、併せて行っておくと便利だ。

メッセージを送信する方法は、他のメッセージアプリとさほど変わらない。

【iMessageの送信方法】
1.メッセージアプリを開き、画面右上の四角をタップ。
2.メッセージを送信したい相手を検索し、決定する。(複数選択することも可能)
 連絡先から相手を探したい場合には「+」ボタンをタップ。
3.メッセージを作成したら、「↑」ボタンで送信する。

メッセージ入力部分右にある「マイク」ボタンを押せば、音声を録音し送信することも可能だ。「文字を打つのが面倒」というシーンで活用してほしい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ