小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

映画もいけるかも!?何も考えずキレイに動画が撮れるiPhoneアプリ「FiLMiC Pro」

2018.07.29

撮影方法は?

 記録データの設定だけでなく、撮影に関しても細かくコントロールすることができます。

 撮影時の基本画面がこちらです。画面中央左にある『〇』が測光マークで、この『〇』のある部分に反応して画面の明るさをオートで決定します。明るさを固定したい場合はタップすることでマークが赤くなり、固定されます。

 右の『□』はフォーカスポイントで、『□』のある場所にピントがオートで合います。こちらも固定したい場合はタップすると赤く変化し、固定モードに。どちらも再度タップすれば、オートで合わせるモードに戻ります。

 また、画面右端の中央にあるライン(『-』)を上下に動かすことでズームイン、ズームアウトの操作ができます。上下の幅はズームのスピード調節のためにあり、目一杯ラインを上(下)に動かすと素早くズームイン(アウト)、少しだけ上げればゆっくりズームイン(アウト)します。

 画面左下(Aマークの左隣)のマークをタップすることで、マニュアル操作モードに切り替えることができます。左サイドの数字は上がISO感度、下がシャッタースピードを示します。すぐ横にある目盛りを上下することで、この2つの値をコントロールでき、上にスライドすると画面は明るく、下にスライドで暗くなります。通常の状態ではこの2つは連動して変化しますが、どちらかの数字をタップすることで固定し、それぞれ個別にコントロールすることも可能です。また、右サイドの目盛りはフォーカスとズームのマニュアル操作用になります。

 画面左下のカラフルなマークをタップすると、ホワイトバランスと色かぶり補正という、色味に関する設定ができます。とりあえず右下の「AWB(オートホワイトバランス)」を選択しておけば、大体の場面で問題なく撮れるかと思いますが、「タングステン」「昼光」「曇り」「蛍光灯」を意味している左のアイコンをタップして、あらかじめ定められた設定に固定することもできます。また、上のカラフルな領域にある白い『◎』を直接操作して、色味を変更することも可能です。

何も考えずに気軽にも撮れる!

 ここで紹介した以外にも多数の機能があり、とことん映像にこだわり、作品として作り込むことができる『FiLMiC Pro』ですが、アプリを立ち上げた状態で何も考えず、標準カメラアプリのように撮っても問題ありません。最初からすべてを活用しようなどと思わず、徐々にコントロールできる項目を増やしていくのが良いでしょう。リンクの動画の方では、実際の画面を見ながら効果などを確認できるので、ぜひ合わせてご覧いただければと思います。

 また、『FilMiC Pro』で撮れる4K動画の作例も用意しました。『iPhone』が苦手とする夜の映像ですが、FilMiC Proを使えばノイズの少ないクリアな映像が撮影できるので、参考にしてみてください。

それでは、ステキなムービーライフを!

FiLMiC Pro
https://itunes.apple.com/jp/app/filmic-pro/id436577167?mt=8

取材・文/太田史郎(おおた・ふみお)
フリー編集&ライター

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。