人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.27

絵心がなくてもここまで描ける!万年筆を使ったシンプルスケッチのすすめ

 手紙も、プレゼンも、店頭POPも、全てデジタルで手軽に表現できる時代だが、だからこそ手で描いたものに味わいが感じられるようになった。SNSでもらう年賀の挨拶よりも肉筆の干支が描かれた年賀状のほうが記憶に残るし、パワーポイントのスライドだって、自分でこしらえたワンポイントのイラストが挿入されていると、聴衆をより惹きつけることだってある。もしかすると、手で描く能力は、今後もてはやされるスキルになるかもしれない。

 こんな話をすると、「自分は絵心がないので…」というリアクションがよく返ってくる。しかし、ワンポイント程度のスケッチなら実は習得は難しいものでなく、入門書も何点かでている。その1冊が今回紹介する『万年筆ですぐ描ける!シンプルスケッチ』(兎村彩野/グラフィック社)だ。

 著者の兎村さんはプロのイラストレーターで、画材として万年筆を活用し、味のあるイラストを描くことで知られる。本書でも主に万年筆を使い、小物類をアイコン風に描くコツから、その応用としてのバースデーカードやラベルに入れる絵など、なぞり描きできる豊富な実例とともに説明されている。万年筆に関する基礎知識も一通り案内されているので、万年筆ビギナーにもやさしい。

 内容的なものについては、本書より幾つか抜粋したので、参考にしていただければと思う。

■定番のマグカップ

 中身を黒く塗るとコーヒーに、白抜きは紅茶やミルクに。

1:マグの口部分の楕円を描き、楕円の端からボディを描く。

2:取っ手を描く。立体感を出すと大人っぽい雰囲気に。

3:影とカップの中身を黒く塗り、完成。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ