人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

整理収納アドバイザーが伝授!捨てられない人でも部屋片づく4つのヒント

2018.06.25

■グラスやコップは縦1列で収納する

 キッチンは、壊れやすいものが多く、汚れやすい環境でもあるため、片づけの難易度は高め。特に難しいのは食器類だが、これも工夫によってきれいに整理・収納できるという。

 小川さんは、毎日のように使う食器は家族分をトレーに入れて収納し、使うたびに棚からトレーごと移動させるやり方をすすめる。そして、そこまで使用頻度のない茶碗や皿については、「同じサイズ、同じ種類を重ねる」のが、美観の点からもおすすめとも。

 また、重ねられないグラスやコップは、「同じ種類を縦1列に並べると、奥まで何が入っているかがひと目でわかります」。これなら、手前のものを動かして、奥のものを取り出す必要もないのでラク。

■人が集まるリビングには、家族共有のものだけをしまう

 親子が集まるリビングは、片づけてもすぐに散らかりやすい場所。小川さんは、リビングの片づけには、「家族全員で使うものだけを置く」と「1日2回の片づけタイムをつくる」の2つのポイントがあると述べる。

「まずは、家族みんなで使うものと個人のものを分けてみましょう。そして、家族共有のものだけをリビングに収納。使う場所の近くに収納場所をつくれば、片づける習慣がつきやすくなります」と、小川さん。もちろん、きれいな状態をキープするには、家族の協力が必要だ。

家族みんなで、置くものや収納場所のルールを決める

 このように本書では、整理収納のプロならではの片づけの秘訣が100以上も掲載されている。捨てるプレッシャーを感じず、ムリなく片づけを成功させたい人は、これを読んで、できる方法から実践してみるとよいだろう。

小川奈々さん プロフィール
整理収納アドバイザー。感動の整理収納 in Nagoya主宰。1976年、広島市生まれ。2011年に整理収納アドバイザー1級を取得し、2013年に感動の整理収納 in Nagoya設立。翌年、「整理収納コンペティション2014本選プロフェッショナル部門」グランプリを受賞。著書に『禅に学ぶ 台所しごと』、監修本に『片づけたら1年で100万円貯まった!』(ともにリベラル社)がある。

イラスト/あきばさやかさん

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。