人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.17

超短波と低周波の治療で体のコンディションを整えるフジ医療器の『ヘルスウェーブIII SW-700』

ヘルスウェーブIII SW-700

健康機器メーカーのフジ医療器は、超短波による身体の深部をあたためる作用が大きくなった低周波・超短波組合せ家庭用医療機器「ヘルスウェーブIII SW-700」(以下、SW-700)を発売した。メーカー希望小売価格は34万8000円(税抜)。地域家電販売店などの特定取引先を通して販売される。

深部加温の作用が大きくなった「超短波治療」

SW-700は、超短波出力を12Wに上げたことで身体の深部をあたためる作用が大きくなった。超短波治療は、身体の奥深くから心地よい温感で深部まであたため、血行をよくし、筋肉痛や神経痛を緩解する。また、筋肉のコリや疲労回復効果、胃腸の働きを活発にする。2つの導子を使って離れた箇所でも効果的に治療することが可能だ。

ヘルスウェーブIII SW-700

低周波特有の刺激感が緩和された「低周波治療」

『SW-700』の低周波治療には「リアルタイム定電流制御方式」を採用し、低周波特有の刺激感を緩和している。これにより、チクチクとした体感が苦手な人にも使いやすくなった。治療部位や用途に合わせたプログラムは、肩・腰・膝・神経痛(TENS)、トレーニング(EMS)、急痛(MCR)の6種類が用意されている。ヘルスウェーブIII SW-700

低周波治療は、周波数の低い電流刺激で身体を心地よくもみほぐし、筋肉のコリや神経痛の痛みをやわらげる。また、筋肉を刺激する動きは、働きの悪くなった筋肉を動かすトレーニング効果や、血行を促進し疲労を回復させる効果が期待される。2つの治療導子で2か所同時の治療が可能で、粘着パッドは使う部位に合わせて選べるMサイズとLサイズを付属している。

ヘルスウェーブIII SW-700

見やすく操作しやすい操作パネル

超短波治療と低周波治療の操作位置を上下に、超短波治療と低周波治療の出力口は製品本体の下部にそれぞれ2つ設け、出力レベルをそ調節することができるため、確実な操作が行なえる。

ヘルスウェーブIII SW-700

本体寸法/約幅282×高さ417×奥行き281mm、約3.7kg
医療機器認証番号/230ACBZX00005000 (管理医療機器)
超短波治療法の効果/疲労回復、血行をよくする、筋肉の疲れをとる、筋肉のこりをほぐす、神経痛・筋肉痛の痛みの緩解、胃腸の働きを活発にする
低周波治療法の効果/肩こりの緩解、麻痺した筋肉の萎縮の予防、マッサージ効果

ヘルスウェーブIII SW-700

関連情報

https://www.fujiiryoki.co.jp/

構成/編集部

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。