人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.06.16

Amazonが1チャンネル月額216円から視聴できる「Prime Videoチャンネル」をスタート

Amazonは「Amazon Prime Videoチャンネル」(以下、Prime Videoチャンネル)の日本における提供を開始した。Prime VideoチャンネルはAmazonプライム会員が、多くの有料チャンネルから観たいチャンネルだけ選んで登録して、コンテンツを視聴できる、プライム会員向けの新しいサービスだ。Prime Videoチャンネルは、複数のチャンネルがセットになっているパッケージではなく、1チャンネルから申し込めるため、観たいチャンネルだけを手軽に楽しむことができる。

20の人気有料チャンネルから観たいチャンネルだけ月額216円から登録可能

サービス開始より視聴可能となるのは、ストリーミング配信で初めて提供されるアジアドラマチャンネルの他、J SPORTS、時代劇専門チャンネルNET、釣りビジョンセレクト、日経CNBC プラス、HISTORY、BBCワールドニュースなどを含む20チャンネル。視聴可能となるチャンネルは今後数か月の間にさらに追加され、「より幅広いジャンルのコンテンツがPrime Videoチャンネルで楽しんでいただけるようになります」と同社では説明している。

プライム会員はPrime Videoチャンネルにより、さらに充実したコンテンツを手軽に楽しめる。Prime Videoのなかで、すでにプライム特典として提供している数千のオンデマンド見放題作品に加え、Prime Videoチャンネルでは、国内外の映画・テレビ番組、スポーツ・フィットネス、音楽、ニュース、ドキュメンタリー、ホビーなど、今までなかった多数のジャンルを網羅するチャンネルを揃えているからだ。

さらに一部チャンネルではオンデマンドで観れる作品以外に、リニア配信している番組も提供。そして、これらのPrime Videoチャンネルコンテンツは、Prime Videoのサイトやアプリに対応しているテレビ、PlayStation、Wii、モバイルデバイス、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、オンラインなどでの視聴も可能だ。また、プライム会員はそれぞれ14日間の無料体験期間がある1チャンネルから申し込むことができ、有料に切り替わっても月額216円(税込)*からの料金設定となっているため、手頃な価格で観たいコンテンツを手軽に楽しめる。

視聴可能なPrime Videoチャンネルと月額料金一覧

映画&TV番組
アジアドラマチャンネル:864円/月
極道戦線:540円/月
時代劇専門チャンネルNET:540円/月

スポーツ
J SPORTS:2,138円/月
セントラルスポーツ・フィットネスチャンネル:432円/月
yoga esse ヨガエス:540円/月

ミュージック
CLUB TV:216円/月
ダンスチャンネル オンデマンド:380円/月

ニュース&ドキュメンタリー
日経CNBC プラス:972円/月
BBCワールドニュース:778円/月
ナショジオ ワイルド:771円/月
HISTORY:324円/月

ホビー&カルチャー
囲碁プラス-α:864円/月
将棋プラス-α:864円/月
釣りビジョン セレクト:540円/月

その他のジャンル
エンタメ〜テレ☆バラエティ オンデマンド:380円/月
Channel恐怖:540円/月
ファミ劇Neoプラス:540円/月
MEN’S NECO+オンデマンド:450円/

関連情報

http://www.amazon.co.jp/channels

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ