小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1本877円!鹿児島育ちで注文殺到の『ともいきバナナ』ってどんな味?

2018.05.10

■『ともいきバナナ』を実際に食べてみた

 『ともいきバナナ』の外観は、スーパーで売っている普通のバナナより小ぶりではあるものの、色と形状はほぼ同じ。筆者宅に到着時には既に完熟していて、皮は黒みを帯びているが、実はこのくらいが糖度が高くて「最高の状態」なのである。

左は一般的な輸入バナナ、右が完熟した『ともいきバナナ』

 薄く柔らかい皮をむくと白い身があらわになるが、色は普通のバナナと同じ。

真っ白な身の『ともいきバナナ』

 同程度に熟した輸入バナナ(キャベンディッシュ種)と交互に食べ比べてみると、まず香りが違うことに気づく。輸入バナナは特にこれといって印象はないが、『ともいきバナナ』はいかにも南国フルーツ的なさわやかな香りがする。味は、強いて言えば『アイスクリームバナナ』に近いか。『アイスクリームバナナ』とは沖縄県産バナナの1種で、先般沖縄に行ってあらゆる地元産バナナを食べてみた中で、最もおいしいと感じたもの。

 『アイスクリームバナナ』は、バニラアイスのような清涼感のある味だが、『ともいきバナナ』はそれをもう少し「もっちり」と濃厚にした感じで、甘く美味である。そして、確かに皮ごと食べられるほど糖度が高い。

 『ともいきバナナ』はそのまま食べるのがベストだが、プロテインドリンクとして、あるいは酸味のある果物(ベリー類など)とミックスしてスムージーにすると、酸味と甘みが調和してほどよい風味のドリンクになるので、おすすめ。

『ともいきバナナ』を加えてシェイクしたプロテインドリンク

 『ともいきバナナ』は現在、伊勢安土桃山文化村が運営するテーマパーク『伊勢安土桃山城下街』の「城下のバナナ処」で購入できるほか、専用サイトで取り寄せることも可能だ。ごほうびスイーツとして、試しに食べてみては?

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。