人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

星空と夜景を同時に撮影できる!ライブコンポジット機能を搭載したオリンパス『OM-D E-M1 MarkⅡ』

2018.05.23

ミラーレス一眼に搭載された各メーカーの注目機能の数々。人物、鉄道、星景、風景……。気鋭の写真家たちが各々が得意とする作例を撮り下ろした!

星景写真家が京都の夜空を切り撮ったーー
街の夜景と星空を合成!感激の「ライブコンポジット」撮影

高度な合成作業がカメラ任せ、しかもリアルタイムに液晶モニターを見ながら行なえる。「ライブコンポジット」を使えば夜景に星を加えてワンクラス上の作品になる。

◎「星空と夜景の合成」の秘密に迫る

 フィルム時代、星空の撮影は特殊技術が要求された。光害のない場所を探し、三脚を据え付け長時間露光する。ところが現在では、「ライブコンポジット」機能を使えば、誰でも簡単に星の日周運動だけでなく、星空と夜景を同時に撮影できる。この機能は比較明合成と呼ばれ、従来は画像補正ソフトを使ってPCで行なった。それがカメラ任せで液晶モニターを見ながら手軽にできるのだ。

「ライブコンポジットは連続して撮影した画像を比較して、明るさが変わった部分のみを合成します。何枚合成しても白トビしないので、星空、花火、蛍などの撮影で威力を発揮します」(北山さん)

『E-M1 MarkⅡ』はこれ以外にも深度合成モード、フォーカスブラケットなど連写を使った機能があり、従来のレンズでは撮影不可能だった画像を再現。ミラーレスが独自進化する可能性を示した。

■ひと味違う作品を作り込めるモードを満載!

OLYMPUS『OM-D E-M1 MarkⅡ』

OLYMPUS『OM-D E-M1 MarkⅡ』オープン価格(実勢価格約20万5000円〈ボディーのみ〉

121点オールクロスの像面位相差AFセンサーにより、AF追従18コマ/秒を実現。ボディー内に5軸手ブレ補正機能搭載。20万回のシャッター耐久試験をクリア。プロの仕様のミラーレス。

サイズ:幅134.1×高さ90.9×奥行き68.9mm、約574g
撮影素子:フォーサーズ/約2037万画素
EVF:約236万画素/1.30倍
液晶モニター:3型/104万ドット/バリアングル式
手ブレ補正機能:ボディー内5軸式
Wi-Fi & Bluetooth:Wi-Fi、Bluetooth対応

ダブルダイヤル採用

ダブルダイヤル採用
クリック感に優れた金属製ダイヤルをグリップ前後に搭載。カチカチ回して露出補正や絞り、シャッター速度を調整できる。

高信頼性のボディー

高信頼性のボディー
ボディーは防塵・防滴、-10℃耐低温性能。各所のシーリングが砂やホコリ、雨、水しぶきなどの侵入を防いでくれる。

《こんな人にオススメ》
ボディーもレンズも小型軽量で揃う万能モデル。液晶がバリアングルなので、星空のように仰角が高くなる構図でも視認しやすい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。