小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハリネズミ、カワウソ、ヘビ、ムービージェニックな動物カフェが原宿で増殖中!

2018.05.19

 去年流行した「インスタ映え」という言葉。『Instagram』をはじめとするSNSに写真を投稿するため、フォトジェニックな事柄を探す女性が街に多く見られたが、実はもうこれは古い。次なるキーワードは、「ムービージェニック」、つまり動画映えなのだ。

 そのムービージェニックな動画が撮れる場所として、今、流行発信地・原宿で注目を集めるのが、動物カフェだ。それも、ハリネズミやフクロウ、ヘビなど、珍しい動物に出会える店が続々と登場している。『フクロウのお庭』原宿店店長・深澤大輝さんに聞いた。

「フクロウやタカ、ハヤブサの餌やり体験や、鷹匠体験など、ここでしかできない動物との触れ合いが人気です。鳥たちが羽を広げて飛ぶ姿を動画で撮影し、インスタにアップする人が増えています」

 ほかにも、モフモフのハリネズミを手に載せている動画やカラフルなヘビが腕に巻き付く動画など、動物たちの生き生きとした動きが印象的な、まさにムービージェニックな動画が撮れると若い女性たちの間で人気となっているのだ。

 それにしても、ムービージェニックな動物カフェがなぜ原宿に集まるのか。現在3店舗のハリネズミカフェを運営する合同会社MS.BUNNYの広報・齋藤麻由さんに聞いた。

「原宿は流行の最先端の街なのでこの場所から、動物のかわいさを発信したいと出店を決めました。原宿は外国人が多く訪れるというのも理由のひとつ。海外からもムービージェニックな映像を撮りに多くの人が来店されています」

 ムービージェニックな動画が撮影できる動物カフェ、あなたも一度足を運んでみてはいかが?

●カワウソ

3月に1歳になったカワウソのさんちゃん

3月に1歳になったカワウソのさんちゃん。かわいい顔と餌を食べる時のギャップに注目。[1]

●ハリネズミ

ハリネズミの定番カラーのソルト&ペッパー

ハリネズミの定番カラーのソルト&ペッパーのほか、様々なカラーのハリネズミが揃う。[1]

●ヘビ

『東京スネークセンター』のヘビ

『東京スネークセンター』のヘビは、すべて毒がない鮮やかな種類。70匹以上に触れる。[2]

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。