人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.21

Androidスマホに装着するだけで360度のVR撮影ができるエレコムの小型カメラ『OMNI shot mini』

エレコムは、Android搭載のスマートフォンやタブレットに装着して360度のVR撮影ができるコンパクトなVRカメラ、『OMNI shot mini(「OCAM-VRU01BK)』を3月下旬より新発売する。価格は3万3510円。

動画は標準で2.5K(2560×1280)、最大で3K(3008×1504)に対応しており、美しい画質で360度動画を撮影することができる。静止画は4.5Mピクセル相当(3008×1504)の精細な画質で撮影が可能だ。また手振れ補正機能を搭載しており、動きながらの撮影でも見やすい動画を撮影することができる。

またわずらわしい無線接続などの設定なしに、無料でダウンロードできる専用アプリ「OMNI shot mini」を起動するだけで撮影を開始できるため、初めての人でも気軽に扱える。電源はスマートフォンまたはタブレット本体のバッテリーを利用するため、電池のセットや充電の必要はなし。いつでも携帯しておいて、いざという時にすぐさま撮影できる。

撮影画像は、4つのビューモード(フィッシュアイ、パノラマ、リトルプラネット、クリスタルボール)で閲覧でき、各モードで基本のスワイプのほか、VR、ジャイロ効果を有効にすることができる。
YouTube・Facebookでは、専用アプリ「OMNI shot mini」から360度動画のライブ配信が可能だ。撮影したコンテンツはFacebookなどで共有できるほか、保存した360度画像をLINEでも共有することが可能。友人をはじめ、世界の人に撮影した動画や静止画を簡単に公開することができる。

『OMNI shot mini』はAndroid 6.0以降を搭載し、USBホスト機能対応の機種で使用できる。USB Type-C端子を搭載したスマートフォン、タブレットにそのまま挿し込めるほか、付属の変換アダプターを使用することで、USB micro-B端子を搭載したスマートフォン、タブレットでも撮影可能となる。

本体をキズや汚れから守る専用ポーチや、レンズなどの汚れをきれいにするのに便利なクリーニングクロスも付属する。

外形寸法は幅40.5×奥行40×高さ46.5mm、約28g。対応機種はUSBホスト機能に対応したAndroidスマートフォン、タブレット。対応OSはAndroid 6.0以降。受像素子は1/3型 CMOSセンサー×2。センサー総画素数は408万画素×2。レンズ焦点距離は1.2mm(35mm判換算8.6mm相当)。レンズF値はF2.4。

関連情報

http://www.elecom.co.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。