人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.04.27

フリー素材モデルっていくら稼げるの?

 ウェブメディアなどで目にする、「フリー素材」のモデルたち。ここで言う「フリー素材」とは、ウェブサイトや広告のビジュアルとして使っても、利用料を支払う必要がない写真画像のことを指す。

 無料ということで様々な媒体で使われ、すっかり有名になったモデルもいるが、果たして彼らは、どのようにして、どれぐらい稼いでいるのだろうか?

 今回の記事では、「日本一インターネットで顔写真が使われている」フリー素材モデルとして、誰もが一度や二度(あるいは頻繁に)見たことがある大川竜弥さんに、そのあたりの事情をうかがった。

大川さんがブレイクするきっかけとなった、いわゆる「うわっ!私の年収低すぎて驚く男性」

■交通事故で仕事をクビになって...

Q:大川さんが、フリー素材モデルという職業を選ばれたのはどうしてでしょうか?

大川さん:29歳のときに交通事故で怪我をしてしまい、仕事をクビに...。そこで、「これからはITの時代だ!」、「インターネットで有名になれば仕事が作れるかもしれない!」と思い、自分にできることを模索しました。

 当時はタレントや役者の卵がひっそりとやっていたフリー素材のモデルに目をつけ、「これなら顔を出すだけだし、ファッションモデルのように見た目が整っていない自分でもできる」と思い、フリー写真素材サイトのぱくたそにモデルの応募をしました。

デビューは、2012年の3月。30歳になったばかりのときです。

 フリー素材モデルという職業を選んだ理由ですが、はじめたころは「私はフリー素材のモデルをやっています」とアピールしている人がいなかったので、SNSをうまく使って自分の宣伝をすれば第一人者になれると思ったこと。競合と戦うよりは、競合のいない分野でひたすら自分の宣伝をするほうが性格に合っていると思ったからです。

ちなみに、「フリー素材モデル」という肩書きは自分で考え、使いはじめました。

参天製薬がバナー広告に起用した「和室で寝転ぶ男性」

■フリー素材モデルとしての仕事は月に1、2回

Q:フリー素材モデルのワークスタイルはどのような感じでしょうか?

大川さん:活動をはじめたころは月に数回撮影をしていましたが、ストックが増えてきたため、現在は月に1、2回の撮影です。事前にカメラマンとどのようなフリー素材を撮影するか決め、1回の拘束時間は4時間前後で数百枚撮影します。

 フリー素材の撮影や企業からいただいた撮影の仕事がない日は、ひたすらアルバイトを詰め込んでいます。なので、丸1日休めるようなオフの日はありません。貧乏暇なしですね(笑)。

 ただ、体型維持や健康管理のためにも週4〜5日はジムで運動する時間を作るようにしています。

仮想通貨ブームで撮影した、「ハッキングで大量の仮想通貨を盗んだ男性」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ