人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

こんなにたくさんメリットが!デキる人は寝る前に「ToDoリスト」を作っている!?

2018.04.23

■ToDoリストを作る効果

そもそも、TODOリストを作る行為には、どんな効果があるのか。坂戸氏は次の3つを挙げる。

●「自分は何をやるべきか」を客観的に把握できる

「寝る前のTODOリスト『人生観』『事業観』については、次の日の朝のリセットされた冷静な感覚で読み返すと、そのリストを書き換えたり、追記したりしたくなってきます。つまり、自分は何をやるべきかを客観的に把握できるようになっている、昨日の自分とは違う自分がそこにいるということです」

●考える習慣がつき、目的を実現する条件がリアルになる

「“考える”ということは、ある意味“決める”ということ。仕事でもプライベートでも、『今日はいったい自分は何をしなくてはならないのか?』を自分に問いかけて、やることとやらないことを決めていると思います。それは自分にはできないことも明確に見えてくるということです。できないことでも、本当にやりたければ、それに向かって能力を高めるべきこと、努力をすべきことが明確化されます。TODOリストに書き出すことは、目的を実現するための“条件”がリアルになるということです」

●漠然とした不安がなくなり、やる順番が明確に決まる

「翌朝、会社に到着して、昨日の退社前に書いたワークリストのTODOリストを、朝の頭がスムーズに回転するときに見ると、『これなら午後の3時には全部終わらせるかも…』と感じることがあります。文字化して、どう処理をするかを計画立てて、実行するのがこのTODOリストの役割といえます。そして単なる“見える化”だけでなく、その先の“やる順番”を決めることもできます。TODOリストは、漠然とした不安や曖昧な感覚だけで、仕事や家事などに追われてしまわないようにする工夫といえます」

■3つのToDoリストは精神安定化にもつながる

会社の終業前、帰宅後、寝る前の3回のTODOリストは精神にも良い影響をもたらすという。

「例えば終業前のTODOリストは、翌日の仕事効率化だけでなく、仕事モードをシャットダウンするためのリセットの意味でも役立ちます。3段階のTODOリストを習慣化することで精神安定化を図るのに役立っています。まずは白い紙とペンを準備してみてください。そして書き終えた後に、書き出した項目をひとつずつ実践し、消していくことをイメージしてみましょう」

寝る前の「やることリスト」「TODOリスト」は、実に数多くのメリットがあるようだ。その仕事効率化のメリットだけではない、さまざまなメリットを見つけるためにも、生活の中で寝る前以外にもやってみるとよさそうだ。

取材協力
坂戸健司氏
クリエーター、ビジネスプランナー、コンセプター
武蔵野美大を卒業後、広告界に入る。多くのナショナルクライアントの広告戦略、販売促進の戦略を学ぶ。その後、故郷の広島に戻り、新産業開発研究所(有)代表取締役。広告ディレクター、プランナー、エディトリアルディレクター、人材教育、人材コンサルタントなど、あらゆるクリエイティブワーカーとしての顔を持つ。

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。