人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.06

ルノーが悪路の走破性を高めるエクステンデッドグリップを搭載したコンパクトSUV、新型『キャプチャー』を発売

ルノー キャプチャー

ルノー・ジャポンは、コンパクトSUV『ルノー キャプチャー』に、新世代のルノーデザインを特徴付けるCシェイプフロントLEDランプをはじめとするLEDヘッドランプ・テールランプ、そして悪路での走破性を高める機能のエクステンデッドグリップを装備。新型『ルノー キャプチャー』として3月8日から、全国のルノー正規販売店で販売を開始する。

コンパクトSUV ルノー キャプチャー

グレード構成は、ルーフカラーと同色のファブリックシートを装備した「インテンス」と、レザー シートを装備した「インテンス レザー」の2グレード。税込価格は「インテンス」が269万9000円、インテンス レザー」は279万9000円。

新型『キャプチャー』は、大径ホイール、高い地上高、ロングホイールベース、傾斜の強いフロントガラスなどが作り出す力強いプロポーションと、曲線を使った流れるようなボディラインが特徴だ。ルノーのデザイナーの自由な発想でデザインされた新型『キャプチャー』は、コンパクトな車体であるにもかかわらず、非常にゆったりとした室内空間を実現。スライド式リアシートによって、理想的な乗員と荷室のバランスを取ることができる。

2605㎜と長いホイールベース、前1530㎜後1515㎜と広いトレッド、そして張り出したホイールアーチにより、『キャプチャー』は実際のサイズよりも堂々とした印象を与えてくれる。動きと軽快さを表現し、鋭角を極力排し曲線で構成される流れるような、そして力強いプロポーション、大きく傾斜の強いフロントガラスが、ダイナミックな魅力を強調している。

新型『キャプチャー』の2トーンのボディカラー(ボディ、ルーフカラーの組み合わせ)は、全て新色。オランジュ アタカマMは、チリにある世界で最も乾燥したアタカマ砂漠の色を、 ブルー オアセンMは海の青を意味している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ