人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.22

新開発40mm HDドライバー採用で100kHzまでの広域再生を実現したソニーのハイレゾヘッドホン『MDR-1AM2』

ソニーは、超高域100kHzまでの広帯域再生を実現し、様々なジャンルの音楽も原音に忠実なサウンドで楽しめるハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応ステレオヘッドホン『MDR-1AM2』を3月10日から発売する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約3万円。

MDR-1AM2

その特徴としては、まず超高域100kHzまでの広帯域再生が可能な新開発の40mm HDドライバーユニットを採用。クリアでのびやかなボーカルと迫力のある引き締まった低音を実現した。

MDR-1AM2

40mm HDドライバーユニット(イメージ)

グリルには、フラッグシップモデルのステレオヘッドホン『MDR-Z1R』に初導入されたフィボナッチパターングリルを採用。フィボナッチ数列を参考にした曲線で開口部が均等化され、振動板からの空気の伝搬が阻害されないため、なめらかな超高域再生が可能になったという。

MDR-1AM2

フィボナッチパターングリルのイメージ

そして振動板材料として理想的な特性を持つLCP(液晶ポリマー)にアルミニウム薄膜をコーティングしたアルミニウムコートLCP振動板は、ドーム部の剛性を高めるような形状に改良。高音域の感度が向上。また、ハウジングには制振性に優れた樹脂を採用している。

ケーブルは通常の3.5mmステレオミニプラグのヘッドホンケーブルに加え、直径4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルを同梱。ウォークマン『NW-ZX300』をはじめとする対応モデルと直径4.4mmバランス接続を楽しめる。バランス接続は、左右の音を分離してグラウンドを介さずに音の信号を出力することが可能となり、ノイズや歪みの少ない繊細な音を再現していく。

前機種の『MDR-1A』からハウジングの直径を約7mm縮小し、約59mmに小型化。さらにヘッドバンドの構造を見直して27.5mm幅にスリム化するなど各パーツを改良した結果、重量も『MDR-1A』から約38g削減。約187gに軽量化された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ