人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Bluetooth対応でさらに進化!ヤマハのミキサー、アンプ、スピーカーの一体型システム『STAGEPAS』

2018.02.08

『STAGEPAS 400BT』『STAGEPAS 600BT』は、高効率パワーアンプを採用したほか、2Wayスピーカーには、音響性能に優れたコンポーネントを採用し、表現力に優れた明瞭度の高いサウンドを実現した。また、最新鋭の自社製DSP(デジタルシグナルプロセッサー)により、緻密な音質チューニングだけでなく、高度なリミッティングやプロテクションも可能になったことで、大音量で使う際に損なわれがちな音のニュアンスを維持し、高い信頼性も担保する。

『STAGEPAS 400BT』『STAGEPAS 600BT』には、アコースティック楽器やボーカルに最適な業務用エフェクターとして幅広く使われている「SPXシリーズ」の高品位なデジタルリバーブを搭載。ノブを回すだけでリバーブの種類(4タイプ)の切り替えとリバーブタイムの調整ができ、フットスイッチ(別売)を接続すればソロパフォーマンス時でも足元でリバーブのオン/オフが行なえる。
また、スピーカーの音をマイクで拾うことによって起こる不快なハウリング音をワンボタンで自動的に除去するスマートなフィードバックサプレッサーを搭載しており、PAを扱ったことがない人でも簡単に豊かな音量が得られる。

さらに、スピーチや楽器演奏、迫力ある低音が必要な音楽まで、さまざまなシーンに対し、ノブを回すだけで最適な音質補正を施す新しいスタイルのマスターイコライザー「1-Knob Master EQ」も搭載しており、複雑な操作をすることなく、その場で最適な設定を瞬時に得られる。

『STAGEPAS 400BT』は4系統マイク/ライン入力+4系統ライン入力の合計8インプット、『STAGEPAS 600BT』は4系統マイク/ライン入力+6系統ライン入力の合計10インプットに対応する。いずれもCH1/2にはファンタム電源の供給が可能でコンデンサーマイクやダイレクトボックスを接続することができる。また、CH3、CH4の端子にはXLRまたはフォンプラグのどちらでも接続できるコンボジャックを採用しており、CH4はHi-Z接続に対応しているため、エレキギターやエレキベースを直接接続することも可能だ。さらに、RCAピンやステレオミニの端子も備えており、さまざまな機器の接続に柔軟に対応できる。

関連情報

http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/products/pasystems/

構成/編集部

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。