人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.04

どんな味?日本初上陸のベトナムコーヒー焼酎『CAFECO』

■ベトナムは世界第2位のコーヒー輸出国

 日本では、ベトナム産のコーヒーに馴染みない人はまだ多いかもしれないが、ベトナムは世界第2位のコーヒー輸出国であり、2017年には『ベトナムコーヒーの日』が制定されるなど、ベトナムとコーヒーは切っても切れない関係にある。そして、ベトナムは琉球王国を通じて日本に焼酎を伝えた立役者でもある。

 そんなベトナム産コーヒーと焼酎が「コラボ」して生まれた、『ベトナムコーヒー焼酎 CAFEKO』が、日本に初上陸して話題になっている。

『CAFEKO』の材料として使われるコーヒー豆は、ベトナム中部のダクラック地方で栽培された厳選の逸品。ここで栽培されるコーヒー豆はロブスタ種で、日本では一般的なアラビカ種と比べると、苦味とコクが強いのが特徴。

 これを焼酎に漬けると、クセのある風味が逆に活き、香りと味が絶妙な大人の飲み物へと一変する。

 焼酎の原料となる米は、ベトナム産のインディカ米の中でも一級品を使用。これを自然豊かなベトナムの清流の水で蒸留している。

 こうして、こだわり抜いた素材を組み合わせて、『CAFEKO』が誕生した。『CAFEKO』は、春先の一般販売を前に、クラウドファンディングサイトMakuakeでキャンペーンを実施している(終了は2017年2月末)。その内容は、お試しコースの500mlボトル1本(税・送料込み2000円)に加え、ベトナムでは定番のつまみである、カシューナッツ、ココナッツチップス、ドライマンゴーをセットにしたコース、12本・24本のまとめ買いコースがある。

 酒とコーヒーの組み合わせといえば、たいていの人は真っ先にアイリッシュ・コーヒーを思い浮かべるだろうし、沖縄ならご当地酒としてメジャー化した「泡盛コーヒー」がある。『CAFEKO』は、それらとは全く別物なのだろうと思いつつ、筆者が試飲してみた。

 Makuakeの説明とリーフレットを見ると、2種のカクテルが紹介されているので、ストレートで飲む前に、まずこちらを試してみる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ