小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

山形で絶大なる人気を誇る「味マルジュウ」って何?

2018.01.28

■新幹線が醤油に与えた影響とは

 ところで、山形の醤油について皆さんはどのような味を想像するだろう。きっと多くの人が「東北だから塩分強め」のイメージを持っているのではないだろうか。

 これに対し佐藤さんは「九州ほどじゃありませんが、実は甘いのです」と否定しつつ、「けれど、新幹線の影響で各県の味の好みは変わりつつあります」とも。とくに福島、仙台は首都圏との往来が増え、大手醤油メーカーの味が入りやすくなった。つまり、東京寄りの味に変化しつつあると指摘する。

 一方、山形や秋田はそれぞれに新幹線で首都圏と結ばれているものの、ご存じのように福島や仙台から在来線に乗り入れる=速度が落ちるため、東北新幹線沿線ほど首都圏との往来がない。

 山形空港も東京と結ぶ便は日に2往復のみ。高齢化率も高いため、なかなか東京の味は受け入れられず、大手メーカーも積極的に参入してこない。結果、昔ながらの味が守られたと語る。

 ちなみに、日本の醤油産業は、大手5社で全体のシェアの1/2を占めている。そして、残りの1/4を準大手30社、最後に残った1/4を中小1200社で争い、丸十大屋も最後のカテゴリーのひとつといい、山形県内での販売がメーン。まさに県民に支えられている味なのだ。

■強めのだしが決め手

 味マルジュウが山形で絶大な人気を誇る理由はほかにもある。名物、芋煮の存在だ。県民にとって絶対的な郷土&家庭&宴会料理であり、その味付けに利用する人が多いのだ。

 もちろん慣れた人なら醤油と砂糖などで味付けするが、近年は料理に手間をかけない家庭が増え、味マルジュウで手早く味を決めるケースも多い。丸十大屋もそういう動きに敏感に対応し、もっと手軽な「やまがた芋煮のたれ」を季節商品として販売したところ、すぐに売り切れている。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年12月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「7色に光る!LEDメモボード」、特集は「2022ヒット商品BEST100」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。